« あかね☆スターダム | トップページ | 日がな半日ゲーム部暮らし »

2008/10/28

アスクレピオス

Img010_2

 内水融 著。週刊少年ジャンプにて2008年から連載中。

 舞台は中世ヨーロッパ。腕のいい医師であったが患者の身体を切る手術を行っていたため、異端者として処刑された父。その息子バズも父に劣らない外科医術を持ってはいたが、父が処刑されたことがトラウマとなり、その力を役立てることはなく、異端者の息子として逃げ隠れしながら暮らしていた。

 そこに、父の助手として仕えていた少女ロザリィが現れ、名医アスクレピオスの名を継ぐようにバズに迫る。断るバズであったが、ロザリィがバズを追ってきた聖騎士に銃で打たれ、倒れてしまう。助けるためには、体内に残ったままの銃弾を取り出さなければならない。バズは覚悟を決め、メスを握った。

 という感じのマンガで、今のところはつまらなくもなく特別面白くもなく、フツーに面白いという感じです。ロザリィとか今回のローラ先生とか、リアル中世ヨーロッパとしてはありえないんじゃないのかなー? とは思ってしまいますが、少年漫画向けの設定ということで許容範囲でしょう。

 で、作者の内水融の前連載が、カインという作品なのですが、言いたいのはそれではなく、カイン3巻に掲載されている読み切り「FOREST」

 カインが打ち切られたあとに本誌に掲載された作品なのですが、これが非常に面白かった。思わずカイン3巻だけ買ってしまうくらい。

 いずれFORESTを元にした連載を獲得するためにも、アスクレピオスにはがんばってほしいです。

|

« あかね☆スターダム | トップページ | 日がな半日ゲーム部暮らし »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« あかね☆スターダム | トップページ | 日がな半日ゲーム部暮らし »