« エマ | トップページ | ヒカルの碁 »

2008/11/23

つぶらら

Img234 山名沢湖 著。コミックハイにて2006年から08年にかけて連載、完結。全4巻。

 女子高生、鈴置つぶらは、身長が高いことと口下手なせいで、クールな性格に思われがち。しかし実は「キャラメル☆エンジェル」という大人気女の子アイドルグループが大好きで、一番の楽しみが毎日夕方にやっている「夕☆キャラ」というキャラエンの番組を見ることだという、かなりおバカでぼんくらな性格だったり。

 体育祭のダンスがきっかけで地元芸能プロダクションにスカウトされたつぶらは、少しでもキャラエンに近づけるならとそれを承諾。同じプロダクションの辻村つららと二人で「つぶらら」という名前でデビューすることになったが、なんと生放送で出演する番組は、夕☆キャラと同じ時間帯。キャラエンに近づきたかっただけなのに、逆に遠ざかるはめになってしまったつぶらだったが、事態はますますややこしいことに……。

 アイドル追っかけコメディ? つぶらはアイドルになりたいのではなく、あくまでキャラエンのファンで、少しでも近づきたい、というだけのおバカな女子高生(褒め言葉)なのですが、それが見事に叶う最終巻の流れは、ものすごく楽しく読めましたし、かつ良かったねー、ととても嬉しくなれました。

 連載中は、コミックハイで一番好きな作品であり、他の作品がアニメ化されていく中、先につぶららをアニメ化してくれよー、と散々思ったものです。結局されることはありませんでしたが……。

※2008年度(俺的)マンガランキングノミネート作品

|

« エマ | トップページ | ヒカルの碁 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« エマ | トップページ | ヒカルの碁 »