« もうすこしがんばりましょう | トップページ | Smileすいーつ »

2008/11/08

聖☆おにいさん

5 中村光 著。モーニング・ツーにて2007年より連載中。単行本2巻まで以下続刊。

 イエスとブッダは東京、立川にて、部屋をシェアしての休暇中。バレると面倒なので正体は隠しているけど、ついつい後光が差しちゃったり奇跡を起こしちゃったりと、二人の周囲はいつも大変。神と仏のドタバタコメディ!

 本物のイエスとブッダが現代風の性格になって下界で住みだしたらどうなるのか、という設定の勝利でしょう。仏教行事もキリスト教行事もなんでも取り入れてしまう日本だからこそのネタだと思います。作者は天才なんじゃないかと思いました。面白すぎます。

 実は絵だけでは購読欲がわかなくてスルーしていたのですが、知人から面白いよと貸してもらって読んでみたらあれよあれよ。危うくこんな面白いマンガを読み逃すところでした。

 ただ、この作品のポイントであり問題点でもある部分は、設定ありきのマンガだということ。設定が面白ければいいですが、フツーの設定だとどうなんでしょうか。そういう意味でも他作品は気になるので、機会があったら読んでみたいと思います。

|

« もうすこしがんばりましょう | トップページ | Smileすいーつ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« もうすこしがんばりましょう | トップページ | Smileすいーつ »