« ぜんまいじかけのティナ | トップページ | タマさん »

2008/12/25

おれはキャプテン

Img141 コージィ城倉 著。週刊少年マガジンにて2003年連載開始、中学生編終了後マガジンスペシャルに移り、現在も連載中。週刊少年マガジン今週号に外伝掲載。単行本18巻まで以下続刊。

 狛駒中野球部所属の補欠捕手で、パソコンやゲームの好きな霧隠主将(カズマサ)には、良い大学に進学し、スポーツマスコミに就職し、将来はフリーのスポーツジャーナリストになる、という夢があった。今野球部に籍をおいているのは、学生時代は野球部に所属していないと将来不利になるからという理由であり、レギュラーになれなくてもまったく問題ないのであった。だが3年生が引退し、新キャプテンを決める際、なんとカズマサは顧問の独断でキャプテンに任命されてしまう。断るなら野球部をやめなければならず、それは困るカズマサはキャプテンを拝命するが、当然部員たちはいい顔をしない。だがカズマサは、徐々にキャプテンとしての能力を発揮し始め、万年2回戦負けのチームは、快進撃を開始するのであった。

 中学野球マンガでスタートし、現在は高校野球編を連載中。そもそも私は野球マンガというだけで評価が甘くなるのですが、その中でもダントツの面白さです。週刊誌から月刊誌に移りましたが、週刊少年マガジンでうける絵柄ではないでしょうし、その方が良かったでしょうね。主人公はカズマサであってはいるのですが、より細かく言うと、「カズマサのチーム」が主人公だと言えると思います。中学編も面白かったですが、中学編でライバルだったデレック、蝦名と組んで新設高校に野球部を立ち上げるという高校編序盤は、ホントに面白かったです。現在は高2夏の甲子園に出場していているのですが、ちょっと相手チームのネタに困ってるかなー、という気がしないでもないです。がんばって!

 作者は古くはサンデーの「砂漠の野球部」、チャンピオンで「ショー☆バン」「ストライプブルー」の原作と、ジャンプ以外の3誌で野球マンガを発表しているという、わりと異色の経歴の持ち主です。野球マンガばかり描いているというわけでもないのですが、どうしても印象は強いですね。次は当然ジャンプでぜひ!(無理

|

« ぜんまいじかけのティナ | トップページ | タマさん »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ぜんまいじかけのティナ | トップページ | タマさん »