« ちはやふる | トップページ | ピカリ通信 »

2009/01/25

恋愛出世絵巻 えん×むす

Img174 瀬口たかひろ 著。週刊少年チャンピオンにて2002年~03年にかけて連載、全6巻完結。

 イモムシが蝶へと華麗な変身を遂げるように、もしもアリンコが龍になれたなら……。勉強もスポーツもできず、周囲からは便利なパシリとして使われている高校生、蟻川義介。足下のアリを気にかける人間はいないと自身を卑下する彼のもとに、ある日突然ソーニャと名乗るメイド姿の少女が現れ、一つのお守りを差し出す。それは世界的グループ企業ドラグーンの後継者候補の証であり、義介は否応無しに後継者争いに巻き込まれていくのであった。

 後継者争いバトル。15人の後継者に1つずつ配られたお守りを奪い合い、全部集めてドラグーンの後継者となるのが目的。お守りには「立身出世」「学業成就」「商売繁盛」などがあり、その名前に応じた特殊な能力が備わっていて、義介の持つお守りは「縁結び」だということでのこのタイトルです。毎週楽しみに読んでいたのですが、後継者が半分程度しか出てこないうちにあえなく打ち切られてしまい、とても残念でした。最終回までの流れはかなり駆け足だったのですが、裏主人公の龍造寺天道がかなりかっこよく描かれており、ああ、これが作者のやりたいことだったんだろうなー、と思えてさらに切ない感じでした。返す返すも予定されていたであろう完結まで読んでみたかったです。お七ちゃんの活躍ももっと見たかった(聞いてない

 作者の作品は、えんむすの前に連載していた、一歩間違えればエロマンガの「オヤマ!菊之助」の方が圧倒的に有名ですね。私個人はえんむすの方が好きなのですが、打ち切られた作品ということで他人に薦めづらいのが残念です。あとえんむすはオヤマに比べればエロは少ないので、作者特有のエロの多い作品を期待している人にも、薦めづらいです。あれ、じゃあ誰に薦めればいいんだろう……。

|

« ちはやふる | トップページ | ピカリ通信 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ちはやふる | トップページ | ピカリ通信 »