« PLUTO | トップページ | ぱペットレボリューション »

2009/01/09

DANCE DANCE DANCE!

Img161 森田柚花 著。月刊コミックブレイドにて2004年連載開始、2005年から休載中。単行本2巻まで。

 クリスタベルの街に住むロッタは、とても元気で感受性が強く、そしてちょっと妄想癖のある女の子。この美しいクリスタベルの街も大好きだけど、いつかフシギの国からの誘いが来ることを信じています。そんなある日、家に帰る途中でロッタは不思議な空間に迷い込み、そこで素敵な男性に出会います。これはフシギの国からのお誘い? そう思うロッタでしたが、男は意味深な言葉を残して消えてしまい、気付くとロッタは薄汚れ、荒廃した街に立っていました。とてもあの美しいクリスタベルの街とは思えませんが、街の時計塔など、面影も残ってはいます。何かがおかしい。そう思いながら家へと急ぐロッタでしたが、見覚えのある角を曲がった先には家は無く、ただの空き地が広がっていました。そしてロッタは知るのです、自分が100年前のクリスタベルの街に来てしまったということに……。

 まさに王道ファンタジー。実は100年前のクリスタベルは、悪しき意識に乗っ取られた若き市長によって破滅へと向かっていて、それを救うためにクリスタベルの街が大好きなロッタが選ばれた、という感じのストーリーなのですが、盛り上がってきたところで休載に入ってしまい、作者はマックガーデンを離れ角川書店で描き始めてしまったため、再開の見込みはまったく無さげというとてもとても残念な作品です。休載の経緯とかはちょっと調べた感じでは全然わかりませんが、きっと何かあったんでしょうねー。返す返すも残念です、続き読みたかった……。

 作者は現在、前述の角川書店のコンプエースにて「.hack//G.U.+」を、テイルズオブマガジンにて「テイルズオブヴェスペリア」をと、コミカライズ作品を2つ連載中。原作付きだという理由で読んでいないのですが、読むことがDANCE~の復活に繋がると信じて、買うべきなのかなー、とかちょっと思っています。

|

« PLUTO | トップページ | ぱペットレボリューション »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« PLUTO | トップページ | ぱペットレボリューション »