« ペンギン娘 | トップページ | まりあ†ほりっく »

2009/02/23

文化部をいくつか

Img222 F4U 著。ウルトラジャンプエッグにて2008年に連載、単行本全1巻完結。

 多摩郊外に位置する第四帝国統桜学園は、生徒数6000人を数えるマンモス校である。そして舞台となる文化部も、放送部、生物部、手芸部といったまともな部から、怪談部、コンテンツ開発部、熱海満喫部とわけのわからない部まで、まさに多種多様。やる気のあまり感じられないドイツ人生徒会長に、口出しされたりちょっかいかけられたりしながら、各文化部員たちは今日も青春を謳歌しています。

 そんな感じの、文化部オムニバスストーリー。全11話なのですが、1、2話は正直単なるエロマンガで、18禁描写だけは大幅に減らしてみました、という感じで面白くありません。3話目からは多少は普通のマンガっぽくなり、5話目くらいからようやく面白くなってきた、というのが私の正直な感想です。また6話からいつもフランクフルトを食べている会長の出番が大幅に増えるのですが、この会長のキャラが非常に良く、後半面白くなった要因の一つだと思っています。11話は「いきなり最終回部」と直球なサブタイトルで、本編でも会長が言っていましたが、面白くなってきただけにとても残念でした。

 掲載誌のウルトラジャンプエッグですが、これはネットで読めるウルトラジャンプの増刊です。で、ネット配信の強みの一つとして、他の作品同様この文化部をいくつかも第1話が試し読みできるのですが、上記の通り、第1話が面白くありません。逆に第1話が気に入った場合も、単行本を買うと全体のテイストはけっこう違いますし、正直言って誰にとっても不幸な結果になってしまっているような気がしました。そういう意味でも残念です。

 作者は18禁出身だそうですが、次回はすっぱりと18禁要素を排除した作品なんかも見てみたいなー、と思います。

|

« ペンギン娘 | トップページ | まりあ†ほりっく »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ペンギン娘 | トップページ | まりあ†ほりっく »