« 恋風 | トップページ | 臨死!! 江古田ちゃん »

2009/02/17

マイスター

Img210_3 加地君也 著。週刊少年ジャンプにて2008年~09年にかけて連載、全10話完結。単行本1巻4/3発売予定。

 新設校の総海高校サッカー部は、部員が全員1年生でありながら、得点王に輝いたキャプテン新岸頼歩の活躍などもあり、県ベスト4進出という快挙を成し遂げていた。そして迎えた2年目、身長が高いという理由で中学ではセンターフォワードをやっていたが、ヘディングが苦手で結果が出せなかった松戸拓は、新岸頼歩にあこがれて総海高校に入学する。ところが初めて見た本物の新岸頼歩は、高校生とはとても思えない小柄な体格だった。頼歩がキャプテンであり得点王であるということが信じられない松戸だったが、頼歩にパサーとしての素質を見いだされ、フォワードではなくトップ下に移動、見事な活躍を見せ、久しぶりにサッカーが楽しいものだということを思い出す。そしてそれこそが、新岸頼歩が掲げる総海高校サッカー部唯一の鉄則、「サッカーは楽しんで勝て」に通じるものであった。

 ジャンプで久しぶりのサッカーマンガ。もしかして、キユ「NUMBER10」以来? そうだとすると、ジャンプのサッカーマンガは2作連続10週打ち切りということに……。確かに今のところはすごい面白いというほどではなかったですが、ジャンプでなければこんなに早く打ち切られるようなマンガではないと思いますし、残念です。しかし作者は、ジャンプで連載したいからこそジャンプで書き続けているんでしょうし、それならばこの現実を受け止めないといけないんでしょうね。

「物事は楽しんで行え」は理想論ではありますが、同時に美徳でもあると思います。今回は残念な結果になってしまいましたが、次回はもっと違ったアプローチでその理想を見せてもらえたらと思います。

|

« 恋風 | トップページ | 臨死!! 江古田ちゃん »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 恋風 | トップページ | 臨死!! 江古田ちゃん »