« ソウルイーター | トップページ | ぱにぽに »

2009/03/09

太臓もて王サーガ

Img245 大亜門 著。週刊少年ジャンプにて2005年~07年にかけて連載、全8巻完結。

 私立ドキドキ学園高等学校に通う阿久津宏海は、停学明けの初日に、なんと土下座して踏んでくださいと言いながら交際を迫る二頭身の男を見かける。男はその後もセクハラまがいの言動をして当たり前のようにふられるが、なんとその男は現実と幻想の間にある間界の王子、百手太臓であり、国民全員が彼の嫁である太臓ハーレムランドを創るため、この現実界まで嫁探しに来たのであるという。太臓の側近である安骸寺悠の策略にはまり、宏海は学園内での太臓の嫁探しを手伝うハメになるのだったが、それは当然、これから起こる山のようなトラブルに巻き込まれるということなのであった。

 学園パロディギャグ。ジャンプに限らず様々なマンガ、アニメ、特撮等のパロディで成り立っている作品。パロディ元作品を知っていればとても笑えますが、知らなければ当然の如く笑えないでしょう。幸いにも私はおそらく7、8割はわかったと思うので、非常に笑わせていただきました。作者も大ファンであると思われる荒木飛呂彦「ジョジョの奇妙な冒険」のパロディがもっとも多いのですが、5巻ラストではついに荒木飛呂彦画の太臓とのコラボ企画まで行ってしまい、パロディ漫画家冥利に尽きるという感じだったと思います。あと、単行本では全87話の裏話が載っているのですが、こういうオマケはとてもいいですね。一話完結方式のマンガでないとできないであろうサービスですが、こういった裏話も含めて、とても面白い作品でした。

 ギャグマンガとしては連載も順調で、1年生として転校してきた太臓が3年になるまでは続いたのですが、そこであえなく打ち切られてしまいました。打ち切りの流れは最終8巻にてオマケマンガ風に語られいるのですが、割と涙を誘います。その後連載作品も無いし、ジャンプで再び連載が取れる日は来るのでしょうか。いっそ新連載じゃなく、バンチあたりで太臓の続き描いてくれないかなー。

|

« ソウルイーター | トップページ | ぱにぽに »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ソウルイーター | トップページ | ぱにぽに »