« フライングガール | トップページ | HELLSING »

2009/04/04

キルミーベイベー

Img274 カヅホ 著。まんがタイムきららCaratにて2007年より連載中、単行本1巻まで以下続刊。

 ちょっと元気でアホな女子学生、折部やすなのクラスメイト、ソーニャは、なんと金髪ツインテールという容姿の殺し屋だった。犬とゴキブリとオバケは苦手だけど、関節技などの体術が得意なソーニャに対し、やすなは持ち前の脳天気さとアホさと頑丈さでこりずにちょっかいを出し、すぐに関節を外されたりするのだ。さらにはソーニャと同じ組織に属する忍者、呉織あぎりまで現れて、やすなの毎日は今日も無駄に刺激的です!

 そんな感じの、日常系ドタバタギャグ4コマ。忍者のあぎりは時々しか出てこないので、実質的にはやすなとソーニャの2人だけでまわしているという、ちょっとすごい作品です。2人のキャラ設定の勝利なんでしょうが、ソーニャは殺し屋とは言っても殺しをしているシーンは出てこず、主に殺し屋という設定にともなう言動で笑わしてくれる感じです。やすなは元気でおバカという、日常系作品にはありがちだけど愛すべきキャラですね。

 一つだけ疑問があるんですが、果たしてやすなたちは高校生なの? それとも中学生? 読み直してもどちらかだとはっきり判断できる材料が見つからなかったので、今回は女子学生という表記で逃げてみました。まー多分、高校生じゃないかとは思いますが。

 キャラがこれだけ少なくても面白い話が描けるというのは、偉大な才能だと思いますが、次はもうちょっとキャラの多い作品を読んでみたいなー、と思います。

|

« フライングガール | トップページ | HELLSING »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« フライングガール | トップページ | HELLSING »