« WORKING!! | トップページ | R・PRINCESS »

2009/04/09

銃夢

Img279 木城ゆきと 著。ビジネスジャンプにて1990年~95年にかけて連載、単行本全9巻完結。現在は愛蔵版全6巻が発売中。また、続編である「銃夢 LastOrder」がウルトラジャンプにて2000年より連載中。

 はるか未来の地球、クズ鉄町に住むサイバネティック医師、イド・ダイスケは、ある日クズ鉄の山の中から、2、300年以上前のサイボーグ少女の頭部を見つける。イドは冬眠状態となり記憶を失っていた少女を蘇生し、ガリィという仮の名前をつけると、ハンターウォリアー(賞金稼ぎ)として稼いだ金で、彼女のために五体のパーツを買い求める。だがその最中、イドとガリィは凶悪な賞金首マカクと出会い、ガリィの記憶に眠る機甲術という体術により深手を負わせるも、イドは大けが、ガリィは頭部を残し破壊されてしまう。再び襲いにくると宣言していなくなったマカクに対し、イドは以前墜落した宇宙船の内部から見つけた、人を効率のいい兵器に仕立てあげる身体、バーサーカーボディをガリィに与えることを決意する。

 そんな感じの、SFバトルアクション。ごつい武器を携えたサイボーグ野郎ばかりの中で、記憶を失った細身の美少女ガリィが徒手空拳で戦うという、ある意味王道作品。世界観やキャラ設定がかなり独自のもので、そのあたりが視覚的にこの作品の面白さを盛り上げていると思います。特にクズ鉄町と空中都市ザレムの設定が秀逸で、クズ鉄町というのはその名の通りクズ鉄だらけなのですが、そのクズ鉄は真上にある空中都市ザレムから破棄されて降ってきたものであり、クズ鉄町からザレムに上がることは事実上不可能、という絵的にも素晴らしい設定が素敵です。もちろん中盤以降はザレムに上がろうとしたりもします。バトルシーンも勢いがあってかっこいいですし、後半出てくるノヴァ博士は頭がおかしくて(褒め言葉)ステキですし、非常に面白い作品でした。

 現在連載中の続編、「銃夢 LastOrder」も、舞台が宇宙に移っただけで、やってることは基本変わりません。ただ、最後の注文というわりには、だいぶ長期連載になっていますけどね。

|

« WORKING!! | トップページ | R・PRINCESS »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« WORKING!! | トップページ | R・PRINCESS »