« R・PRINCESS | トップページ | 神聖モテモテ王国 »

2009/04/11

エンジェル伝説

Img281 八木教広 著。月刊少年ジャンプにて1992年~2000年にかけて連載、単行本全15巻完結。

 碧空高校1年11組に転入してきた北野誠一郎は、まるで天使の様な清く優しく美しい心を持っていたが、目は小さく眉は薄く寝癖のひどい髪はポマードでべったりと、まるで悪魔の様な容貌をしていた。自分の外見が怖がられているのを理解している彼は、新しいクラスメイトたちとなんとか友好的に接しようとするが、そもそも第一印象から過剰に怖がられてしまうため、なかなかうまくいかなかった。そんな時、北野の噂を聞きつけた碧空高校番長である3年の黒田清吉がやってくるが、その黒田ですら北野の顔を見た瞬間、勘違いしたフリをして逃げ出してしまう。こうして本人はまったく望まないまま、北野誠一郎の伝説は幕を開けたのであった……。

 主人公の見た目がちょー怖いけど性格はちょー優しいという、ギャップで笑わせてくれるマンガ。それだけだと本当の不良には勝てないので、技術は無いが身体能力や耐久力は非常に高く、本人ケンカしているつもりは無いけどいつのまにか勝ってしまう、という設定にもなっています。作者の絵柄とネタが見事にマッチした、類い希なる作品と言えるでしょう。連載開始当初は北野くんのことを理解してくれる人は皆無ですが、徐々に真実を知った仲間が増えていくという展開も、王道ですが非常にいいストーリーですよね。ギャグマンガとしてはかなりの長期連載でしたが、最後まで非常に面白かったです。

 作者は現在、ジャンプスクエアにて「CLAYMORE」というバトルアクション作品を連載中。エンジェル伝説があまりに面白かったので、ギャグではない作品はどうなのかなー、と思っていましたが、十分面白いですね。しかし個人的には、まさかテレサを殺すとは思っていませんでした。現在の展開を見るに、構想としては最初からあったんでしょうけどね。

|

« R・PRINCESS | トップページ | 神聖モテモテ王国 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« R・PRINCESS | トップページ | 神聖モテモテ王国 »