« 海腹川背 | トップページ | 三国志 »

2009/05/26

ケロロ軍曹

9  吉崎観音 著。月刊少年エースにて1999年より連載中、単行本18巻まで以下続刊。

 オカルトクラブ所属の小学6年生、日向冬樹は、ここ数日宇宙人に地球が侵略される夢を見続けていた。姉、夏美にはバカにされる始末だったが、そんな折になんと二足歩行のカエルのような不思議な生き物が部屋に現れる。彼の名はケロロ軍曹、もちろん宇宙人であり、地球侵攻軍の先行部隊長なのだと言う。身柄を拘束し通信装置その他として使えるケロボールを奪い、ひとまず軍曹に対して有利な立場となった日向姉弟だったが、地球侵攻軍の本隊が来てしまえば地球はひとたまりもない。だがそこで、ケロボールに本隊よりの通信が入る。内容は、地球人に我々の存在を知られた可能性があるので、危険と判断し一時撤退するというものだった……。かくして地球に取り残された軍曹は日向家の居候となり、掃除洗濯に精を出す毎日となるのであった。

 宇宙人による地球侵略をネタとしたストーリーギャグ。ギャグの質としては侵略者であり軍人である軍曹が、実際にはボケとツッコミを駆使したり些細な事で感情を上下させたりオタク文化に詳しかったりという、ギャップを笑う感じです。あとはパロディがやや多め。特にガンダムネタは多く、他の元ネタはわからなくてもストーリーを追うのに問題はありませんが、ガンダムを知らないと意味不明の台詞やコマがだいぶ増えてしまうのではないでしょうか。初期の頃はブラックでマニアックなネタも多く、非常にとがった作品という印象だったのですが、アニメ化され低年齢層に大人気になってきたあたりからネタに制限がかかってきてしまったようで、だいぶブラックなネタは無くなってしまったなー、という感じなのが残念です。またこれは仕方のないことなんでしょうが、巻が進むにしたがってストーリー比率が高くなり、初期のころのようなギャグで始まりギャグで終わる回が減ってしまったのも残念です。

 作者はケロロ以前にも「護衛神エイト」「ドラゴンクエストモンスターズ+」等、複数の作品を連載していましたが、いずれもつまらなくはないがもう一歩という感じだったところを、このケロロで大ブレイクした形ですね。その要因は、主人公が裏表のあるブラックなキャラだ、という部分が大きいと思っています。今までの吉崎作品の主人公はストレートな性格のキャラばかりで、イマイチ作品に深みが足りない印象もありましたしね。いずれにせよこれで大きな実績はつくりましたし、当分はケロロでやっていくんでしょうが、その次回作にも今から期待しています。

|

« 海腹川背 | トップページ | 三国志 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 海腹川背 | トップページ | 三国志 »