« キャプテン | トップページ | ONEPIECE »

2009/05/13

プレイボール

Img316 ちばあきお 著。週刊少年ジャンプにて1973~78年にかけて連載、単行本全22巻完結。

 中学時代に右手人差し指の骨が折れているにもかかわらず無理をして試合を続けてしまった影響で、谷口タカオの指はまっすぐに伸びなくなってしまい、ボールが投げられなくなってしまった。墨田高校入学後、谷口は野球部の練習をフェンスの外からただ見学する日々を送っていたが、ある日それを見かねたサッカー部のキャプテンから、サッカー部に入ってみないかと誘われる。押し切られる形で入部した谷口は、野球をやっていた頃と同様に影の努力ですぐに頭角を現し始めるが、どれだけサッカーに打ち込んだところで、野球への思いを消すことはできないでいた……。

 まさしく王道の野球マンガ、その2。先日の「キャプテン」の初代主人公、谷口くんの、高校時代のお話です。上記のあらすじ後、結局野球部へ入部し、当初はベンチのキャプテンとして活躍するんですが、そのうちに指が曲がったままでも投げられるようになり、最終的には手術をして元通りに。その後指の件はまったく出てこないので、ホント序盤のイベントのためのものですね。当初は短期で終わらせる構想だったらしいので、そのための設定だったと言えるのかもしれません。

 キャプテンの続編ですので、谷口くんの学年が上がると中学時代の後輩が入学してきたりと、そのへんの楽しさもあります。丸井、イガラシといったメンバーも出てきますしね。ただ残念なのは、作者にドクターストップがかかってしまい、3年夏の予選を前に連載が終了してしまったこと。シード権も取り、甲子園に向けて……! というところだったのに、本当に残念です。さらにはその後、作者の自殺。続きは永遠に読めなくなってしまいます。まったくもって、残念です。

「あしたのジョー」「あした天気になあれ」のちばてつやが実兄、「4P田中くん」「風光る」の原作、七三太郎が実弟というのもすごいですよね。兄弟漫画家は今でも多少はいますが、やっぱり同じ境遇で成長すると、弟が兄の真似をしたりして同じことをする可能性が高くなるのかなー。

|

« キャプテン | トップページ | ONEPIECE »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« キャプテン | トップページ | ONEPIECE »