« 看板娘はさしおさえ | トップページ | ハチミツとクローバー »

2009/05/02

ももんち

Img305 冬目景 著。ビッグコミックスピリッツにて2006年~09年にかけて不定期掲載、単行本全1巻完結。

 この春に高校を卒業した岡本桃寧は、美大合格を目指して予備校に通う浪人生。寝癖のようなくせっ毛と、のんびり、おっとり、人見知りも激しい性格のせいで、周囲からは頼りなく思われがち。本人もそれはわかっていて、そんな自分を少しでも変えたいと思い、卒業を機に家を出て一人暮らしを始めたのでした。カット描きのアルバイト代等だけで生活費すべてを賄っており、キャンバス代や絵の具代もかかるため、生活はかなり切りつめざるをえません。だけど一人暮らしは自分で決めたことだからと、あくまで自分のペースを保ちつつも、少しずつ自立し、大人になっていこうとする桃寧。ところがそんな彼女の気持ちを知ってか知らずか、公認会計士の兄と大学生の姉は、なにかにつけて桃寧に優しく接してくれます。桃寧もそんな気持ちをありがたく受け入れながら、今日もまた予備校へと向かうのでした。

 そんな感じの、桃寧のほのぼの青春ストーリー。作品内期間は1年で全5話という短いものですが、1話のボリュームは多く、読み応えはあります。小さなことで喜んだり悲しんだり落ち込んだりするももは、兄と姉にこれだけ過保護にされるのも仕方ないと思わせるくらい、見ていてとてもかわいいしいじらしいですね。儚げで頼りなげだけど芯の強いところも持つという、ある意味完璧なヒロインと言えるでしょう。もともと全1巻構想で、話もこれで完結とのことですが、できることならばもっともっとももの青春を読み続けたかったです。

 作者の作品は、実は「ハツカネズミの時間」以外は読んだことが無く、そのハツカネズミの時間も繊細でいて重苦しい雰囲気がちょっと私には合わなくて、当時アフタヌーンを買っていたにも関わらずあんまりちゃんと読んでいませんでした。ところがこのももんちは、同じく繊細な作品ではあるのですが重苦しい部分はほとんどなく、あっても青春のほろ苦さという感じの、とてもさわやかな私好みの作品でした。それまでの作者のイメージは私にはけして良くはなかったのですが、こういう私好みの作風も持ち合わせているのなら、これからはもっとちゃんと追っていきたいと思います。

|

« 看板娘はさしおさえ | トップページ | ハチミツとクローバー »

コメント

突然のコメント失礼致します。
失礼ながら、相互リンクしていただきたくて、コメントさせていただきました。
http://sirube-note.com/accountant/

もしよろしければ、こちらのページから相互リンク登録していただけましたら幸いです。
http://sirube-note.com/accountant/link/register/
今後ともよろしくお願い致します。
aXmlFxYm

投稿: sirube | 2009/05/03 00:16

 sirubeさま
 リンク先を拝見させていただきましたが、「公認会計士」というワードを偶然そちらのロボットがひろっただけですよね。少しでも読んでいただければ、相互リンクしても意味がないことがわかってもらえると思いますし。
 以上の理由より、こちらからのリンクはいたしません。ご了承下さい。

投稿: やの | 2009/05/08 09:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 看板娘はさしおさえ | トップページ | ハチミツとクローバー »