« MEAN -遙かなる歌- | トップページ | 少女ファイト »

2009/05/10

ひまじん

Img313 重野なおき 著。まんがタイムジャンボにて2000年より連載中、単行本5巻まで以下続刊。

 ハタチで一人暮らしで引きこもり。そんなインドアフリーター、森川つぐみの毎日は、内職や在宅のアルバイトをしたり、友人の和久井理沙といっしょに室内で遊んだりと、ごくごく平凡に過ぎていきます。部屋は汚いし身なりはだらしないしいつもお金に困ってるしと、一見ずぼら無計画にも見えますが、1本1円の造花を1億本つくって家を建てるという将来の目標もあるし、それでギネスに載るという夢だってあります。今日もつぐみは部屋からは出ないけれど、それなりに季節の移ろいを感じたりしながら、日々をなんとなく過ごしていくのです。

 そんな感じの、ちょっとシュールなまったり系ギャグ4コマ。つぐみは引きこもりではありますが、必要に迫られれば外には出ますし、わりと社交的でもあるので、一般的なひきこもりのイメージとはちょっと違うかもしれません。話のほとんどがつぐみの1Kアパート内で展開され、登場人物も当初はメイン2人、サブ2人と少なく、よくそれだけの設定で話がつくれるなー、とちょっと驚きの作品でした。5巻まできてサブキャラは2人ほど増えましたが、それでも舞台は相変わらずアパート内だけだし、それでいて連載開始からもうすぐ10年というのは驚異の一言。きっといつまでもだらだらと続いていく作品なんでしょう。というかそうであってほしいです。

 現在、重野なおき4コマフェアと称して、3月~7月まで単行本が1冊づつ出ていたりします。もちろん楽しみなんですが、それよりも思うのは、相変わらず多作だなー、ということ。そろそろ新聞4コマの出番なんじゃないですかね……? まずはほら、週1くらいで。

 

|

« MEAN -遙かなる歌- | トップページ | 少女ファイト »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« MEAN -遙かなる歌- | トップページ | 少女ファイト »