« 合同ナイン | トップページ | きみといると »

2009/06/18

ギャンブルフィッシュ

Img351 原作・青山広美、作画・山根和俊。週刊少年チャンピオンにて2007年より連載中、単行本12巻まで以下続刊。

 エリートと金持ちしか入ることのできない超名門校、獅子堂学園。そこに転校してきた白鷺杜夢は、初日から学園のマドンナ獅子堂美華にあえてちょっかいを出すことで生徒たちを挑発、そのようなことはやめろと忠告をしにきた風紀委員の青戸に対し、宝探しゲームで敗けた方が言うことを聞く、という勝負を持ちかける。教室に隠された1枚の100円玉。その隠し場所を書いた紙を1枚と、偽の隠し場所を書いた紙を9枚を青戸が用意し、それを見た杜夢が1分以内に隠された100円玉を見付ければ勝ち、というものだ。青戸は紙を倍の20枚とすることで勝負を受け、しかもすべての紙に偽の場所を書くという手段に出るが、杜夢はディレクション(視線を誘導する技術)を使うことでそれを看破、見事100円玉を見付け出し、報酬として青戸がイカサマをし、その上で敗けた証拠となる100円を手に入れる。そして再戦はいつだろうとなんだろうと受けるが、次は200円の勝負、その次は400円、さらにその次は800円と、倍々ゲームで行うと言う。「この学園に何しにきた!」 そう詰め寄る青戸に対し、杜夢は「一ヶ月でこの100円を100億に変える」と宣言するのであった。

 タイトル通りギャンブル漫画ですが、純粋なギャンブルの勝負ではなく、いかにイカサマを決めるか、もしくは相手のイカサマを見破るか、という部分に重きの置かれた作品です。必然的にストーリーは、序盤は常に対戦相手が(少なくとも表向きは)有利で、そこから逆転していく、という流れとなります。そしてその逆転方法が鮮やかであればあるほど面白くなるわけで、そういう意味でこのギャンブルフィッシュは、間違いなく面白い作品であると言えるでしょう。物語はこの後勝負を繰り返し、次第に杜夢の本当の目的も明らかになってきつつ、究極のツンデレヒロイン、阿鼻谷(画像のキャラ。決めゼリフは「アビィ!」)との最終決戦に向かっていく、という感じです。いやー、阿鼻谷はホント最高のヒロインですよ。阿鼻谷なくしてこの作品は語れないと言って間違いないでしょう。ちなみに単行本表紙にはヒロインキャラしか出てこないので(杜夢も出たことが無い)、阿鼻谷がヒロインであることは疑いようのない事実です。マジで。

 問題点もいくつかあります。まず鮮やかな逆転劇という定義ですが、作中で登場人物がどう言おうと、読者がそう思えなければ鮮やかではないのは当たり前。そういう意味で、ルールがわかりやすいトゥーアップ(コイントスゲーム)やブラックジャック、ダイス・スタッキング(ダイスを積み上げて出目を競うゲーム)等は本当に見事なんですが、逆にルールが解りづらいビクトリーフラッグ、ミートパイルーレット等は、爽快感がどうしても少ないですよね。いかに読者に、最初は「これは勝てないだろう」と思わせ、その後「その手があったか」と思わせるか、という勝負であると言えるでしょう。あとは、作品が面白い以上は重箱の隅と言えるのですが、1ヶ月で100円を100億にすると言っているのに作中ではもう何ヶ月も経ってるとか、素数ダイス勝負の時に出てるサイの目と言ってるサイの目が食い違ってるとか、もったいないツッコミ所がいくつかあるのが残念です。

 本編は現在、クライマックスへ向けたトーナメント戦の真っ最中ということで、おそらく終わりはもう見えているのでしょう。最後まで鮮やかな逆転劇を期待しています。あと下剤を盛られたりしちゃう汚れ役ヒロイン、月夜野に活躍の場を!(聞いてない

|

« 合同ナイン | トップページ | きみといると »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 合同ナイン | トップページ | きみといると »