« 弱虫ペダル | トップページ | なないろレシピ »

2009/06/12

ブラック・ジャック

Img346 手塚治虫 著。週刊少年チャンピオンにて1973年~83年にかけて連載、単行本全25巻完結。

 神業とも悪魔的とも呼ばれる外科医術の腕を持つ男、ブラック・ジャック。医師免許も博士号も持たぬが故に表舞台に立つことは無いが、それ故に法や制度に縛られること無く、自らの信念に沿って彼はその腕をふるう。今日も彼はどこかでメスを持ち、奇跡を生んでいるはずである……。

 無免許の天才外科医を主人公とした、ヒューマンドラマ。医療ドラマでもありますが、どちらかと言えば手術シーン等は手段であり、ドラマを形作る一つのパーツである、と捉えた方が正しいでしょう。ただし私のような素人が読む分には、手術シーンも十分迫力があり興味深いです。そして肝心のヒューマンドラマ部分ですが、まさに法に縛られない信念に則ったブラック・ジャックの行動は、読んでいて爽快感があります。もちろん万事がうまくいくわけもなく、時に後味の悪い終わり方になることもありますが、それすらもこの作品の魅力です。というか、私が手塚治虫の作品で一番好きなのがこのブラック・ジャックなので、なんでも褒めますよ?

 ただそんな中、唯一残念だったと言えるのが、作中のとあるシリーズが完結しなかったことでしょうか。ブラック・ジャックがまだ子供だった頃、ずさんな現場処理のせいで残っていた不発弾が爆発し、それに巻き込まれたブラック・ジャックと彼の母親は大けがを負い、その後母は亡くなります。そうなった原因である、不発弾の現場責任者5人を探し出し復讐をするというのがブラック・ジャックの目的の一つだったわけですが、2人目までは探し当てたものの、3人目以降のエピソードが描かれなかったんですよね。夢の中で過去を振り返る「人生という名のSL」が最終回扱いであるというのに不満はありませんが、できればこの復讐編もラストまで読みたかったです。

 現在ではこのような医者を主人公とした作品も多くなりましたが、それらとこの作品の一番大きな違いは、ほぼすべてが一話完結である、ということでしょう。作品構成上それはメリットもデメリットもあるわけですが、一話完結方式の作品を長期連載するにはものすごいひきだしの量が必要なわけで、その点からも手塚治虫の非凡さが伺えると思います。さすが、マンガの神様と言われるだけのことはありますね。

|

« 弱虫ペダル | トップページ | なないろレシピ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 弱虫ペダル | トップページ | なないろレシピ »