« ブラック・ジャック | トップページ | らんま1/2 »

2009/06/13

なないろレシピ

Img347 野広実由 著。まんがタイムスペシャルにて2007年より連載中、単行本1巻まで以下続刊。

 仕事で海外に行ってしまった両親の後を継ぎ、佐倉奈々はさくらクッキングスクールの先生をしています。背は小さいし言動も子供っぽいところがあるため、少々見た目は頼りないけれど、料理の腕は天才的で、調理器具を手にすれば顔つきも鋭くなってしまいます。今日も菜々先生は、助手の蔵間先生や経理の玄田じいに農家の播野さん、そしてたくさんのクッキングスクールの生徒さんたちと一緒に、一生懸命料理(と恋)の修行中なんです。

 そんな感じの、料理教室を舞台としたコメディ4コマ。ラブコメ要素もありますが、量は少なめ。料理の腕は天才的で顔つきも変わってしまうほどですが、普段の生活では整理整頓ができず(調理器具の整頓は平気)、箸使いが下手で(菜箸は平気)、様々なことに不器用(調理は以下略)、というギャップで笑わせてくれるのがメインの作品です。同作者の「パティシエール」シリーズはお菓子作りをテーマとした4コマですが、この「なないろレシピ」はお菓子を一般的な料理に置き換えた作品、と言って差し支えないかと思います。そしてパティシエールに比べると、この作品はだいぶ萌え4コマにシフトしているわけですが、実はそこにマイナスポイントがあります。

 この作者の絵柄って、胴体に比べてやや頭が大きく、微妙にバランスが悪いんですよね。そして売れる萌え4コマというのは、画のバランスが良いことが絶対条件だと思うんですよ。というわけで、「パティシエール」や「うちの姉様」ではそれほど気にならなかったバランスの悪さが、この作品では非常に気になってしまいました。作品としてはフツーに面白いんですけどねー、しょんぼり。

|

« ブラック・ジャック | トップページ | らんま1/2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ブラック・ジャック | トップページ | らんま1/2 »