« ギャンブルフィッシュ | トップページ | みずたま注意報 »

2009/06/19

きみといると

Img352 かがみふみを 著。コミックハイ!にて2008年より連載中、単行本1巻まで以下続刊。

 ある夏の日、急な腹痛に襲われていた高校1年生の岩井良明は、トイレを借りるために入った喫茶店で、一人のアルバイト店員の女の子に出会います。トイレを借りただけでは悪いと思い、岩井がアイスコーヒーを注文すると、女の子はコーヒーを煎れはじめますが、かなり真剣な様子。それもそのはず、実はちょうど店のマスターが外出中で、一人でコーヒーを煎れるのは初めてだったのです。初めてのお客さんは、トイレを借りに来た人。その出会い方は岩井にとっては最悪のものでしたが、その日からアルバイト店員の女の子のことが気になって仕方なくなってしまうのでした。

 そんな出だしの、純情高校生同士のラブコメディ。作者の他のストーリー漫画同様、恋愛要素の方が多いラブコメです。基本的に善人しか出てこないのも同じで、トイレを借りに来た岩井くんに対しても、女の子(山河 春)はまったくネガティブな考えを持つことはなく、まるで天使か聖母かというくらいです(言い過ぎ) 岩井くんの方は自分が恋愛感情を持っていることに最初から気付いていますが、山河さんの方は当初はわかっておらず、徐々に徐々に恋愛感情が積み重なっていくという2人の純情な関係は、正直読んでいてニヤニヤが止まりません。作中で岩井くんが部屋の中とかでゴロゴロと身もだえながら転がりまくっていますが、まさにそんな感じ(笑) 世はツンデレがもてはやされていますが、こういうデレデレ同士のカップルもまたいいですよ? たまに死にたくなりますが……

 連載開始当初は、作者の(個人的)代表作「ちまちま」を超えるのは難しいなー、と思っていたのですが、単行本になって読んでみると、これはこれでいいですね。ちまちまは恋愛初心者同士のラブコメでしたが、こちらはそこから一歩踏み込んだ感じですし、比べるのが野暮だったってものでしょう。

 ただ一つだけ気になるのは、ちまちまは単行本全1巻という短さが、作品のまとまりという点で非常に効果的だったと思うんですよね。それに対しこの作品は、すでにちまちまよりも連載期間も長く、今後どうやって話を広げていくのかなー、という点においてちょっと不安です。すでにその予兆は出ていて、ストーリーを引っ張るため&盛り上げるためなのはわかるのですが、あえてすれ違いやいざこざを起こしているようにも見えてしまうんですよねー。その話中で解決するならまだしも、何話もかけてやられたりしてしまうと、正直げんなりしてしまいます。らぶらぶな話だけじゃダメですか? いや、ダメなんでしょうが……。

 そしてもっと困るのが、三角関係。長期連載にするには必須の設定なんでしょうが、私には正直うんざりです。いや、この作品は、三角関係に発展しそうな要素は今のところありませんけどね。過去にもこの作者でそういった例は無いと思うので、今後も無しという方向で一つよろしくお願いします。もしやるのなら、最初っから三角関係ラブコメにしておいてください。

|

« ギャンブルフィッシュ | トップページ | みずたま注意報 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ギャンブルフィッシュ | トップページ | みずたま注意報 »