« たかまれ! タカマル | トップページ | ねこわっぱ! »

2009/06/01

ユッカ

Img333 祥人 著。電撃プレイステーション付録、電撃4コマにて、2007年より連載中、単行本2巻まで以下続刊。

 無職だが無収入ではない父、早良博明と、小学生の娘、あずね、さらには居候している甥の大学生、小笹春告という3人世帯に、ある日突然ユッカ・クマゴマという若い女性が訪ねてきます。なんでも昔、博明に身体を治してもらい、その恩返しをするために日本にやってきたと言うのですが……日がな一日ゲームばかりしている博明にとって、手伝ってもらうことなどゲーム以外にあるはずもありません。というわけでユッカは、住み込みのゲーム手伝いとして、早良家の一員となったのでした。

 そんな出だしの、ゲームにまつわるエトセトラを題材とした4コマ。やっていることは前作「日がな半日ゲーム部暮らし」と変わりませんが、メインキャラの年齢層が広がったことと、あときなくさい設定が存在するっぽいところが違う部分でしょうか。きなくさい部分は1巻の前半だけにしか出てこず、作中でももう当分出てこないと明言してありますが、ようは博明が実はものすごい技術者で、その技術を巡って微妙にいざこざが起きている、という感じでしょうか。あずねが誘拐されかけたり、産業スパイとかも出てきます。しかし博明が手を打ったおかげで1巻終盤からはもう平和そのもので、まぁ正直そうなってからの方が安心して読めるな、という感じです。前作同様ゲームに関するあるあるネタが多く、ネームが多いのも健在。年齢層が広がったことで前作ではできなかったネタもできるようになり、祥人ワールドますます絶好調、という感じでしょう。(褒めすぎだけど訂正はしない)

 1巻には相変わらず1という表記が無いし、発刊ペースもかなり遅い等、不安な部分もあるにはありますが、ずっとずっと読み続けますので、どうかちゃんと完結し、単行本も出てくれますように。

|

« たかまれ! タカマル | トップページ | ねこわっぱ! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« たかまれ! タカマル | トップページ | ねこわっぱ! »