« 詭弁学派、四ッ谷先生の怪談 | トップページ | 弱虫ペダル »

2009/06/10

G戦場ヘヴンズドア

Img340 日本橋ヨヲコ 著。月刊IKKIにて2000年~03年にかけて連載、単行本全3巻完結。

 小説家志望の高校生、堺田町蔵は、人気漫画家である父、坂井大蔵がマンガを優先して母が出て行くのを止めなかったことから、父親のみならずマンガそのものまでを憎むようになっていた。そんなある日、町蔵の小説を読んだ漫画家志望の同級生、長谷川鉄男から、一緒に漫画をつくりたいと話を持ちかけられる。鉄男の投稿作を読んだ町蔵は、うまいがただそれだけ、という内容に、だから自分の原作が欲しいのだと半ば納得するのだが、鉄男が小学生の時に描いた大量の漫画は、今の町蔵でも敵わないような、背筋の震えるものばかりだった。これだけ描けるなら、原作なんていらないだろう。そう問いつめる町蔵だったが、帰ってきた鉄男の返事は、小5の時に父に向けて描いた漫画を最後に、もうストーリーが思いつかないんだ、というものであった……。

 漫画家を目指す二人の高校生の物語、ではなく、二人の高校生が漫画家になる過程の物語、です。どう違うのかと言うと、作中で町蔵と鉄男の二人が手に入れるものは、技術ではなく意志である、という事でしょうか。漫画家志望として四苦八苦するシーンというのは少なく、もっと内面的な部分で苦しんで苦しんで、それでも前に進んでいく、というシーンがメインを占める作品です。漫画家志望という設定は、あくまでこの作品を表現するための手段である、と言ったほうがわかりやすいかもですね。

 作品としてはフツーに面白いですし、第1話の台詞を最終話でも使うなど、首尾一貫もしていて良かったとは思うのですが、この作品、単行本のオビで他の漫画家が褒めすぎじゃね? って思うくらい褒めてるんですよね。島本和彦、土田世紀、藤子不二雄Aという錚々たるメンツが褒めているわけですが、それを読むと、あー、この作品は、漫画家もしくは漫画家志望くらいの人じゃないと、本当の面白さはわからないのかなー、なんて気持ちにちょっとなってしまいます。しょんぼり。

 作者が現在連載中の「少女ファイト」も、もしかしたらバレーボールを知らないと本当の面白さは理解できない、という作品なのかもしれませんが、少なくとも今のところは、私はこの作品よりも楽しんで読めています。特定の人にしか本当の面白さがわからない漫画よりも、もっと間口を広くして、万人受けする作品の方がいいと思うのですが、あれ、その話題って、このG戦場ヘヴンズドア内でも語られてましたね……。その問に対する答えが、この作品ってことなのかなー。

|

« 詭弁学派、四ッ谷先生の怪談 | トップページ | 弱虫ペダル »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 詭弁学派、四ッ谷先生の怪談 | トップページ | 弱虫ペダル »