« アーケードゲーマーふぶき | トップページ | 三好さんとこの日曜日 »

2009/07/28

ニコイチ

Img392 金田一蓮十郎 著。ヤングガンガンにて2004年より連載中、単行本6巻まで以下続刊。

 須田真琴が大学生の時、つきあい始めて1年が経つ年上の彼女、成美は、交通事故で死んでしまった。残されたのは真琴と、真琴も知らされていなかった、2歳半の成美の息子、祟。成美には身寄りが無く、このままでは養護施設へ送られてしまいそうになる祟を、真琴は養子とすることを決意する。だが2歳半の祟には母の死など理解できるはずもなく、母がいないという事実にただ泣きわめき、母の臭いである化粧品を握りしめたまま泣き疲れて寝てしまう、という毎日を過ごしていた。そして真琴は、決意する。少しでもうまくいく可能性があるのなら、自分がこの化粧品を使って、祟の母のフリをしてみよう、と。――そして8年後、小学6年生になった祟は、立派な男の子に成長していた。そして29歳となった真琴は、祟の前では未だ女親として、女装してすごす日々を送っていた……。

 そんな出だしの、女装ラブコメ。一般的な女装要素付きのマンガとは違い、主人公、真琴には女装癖や性転換願望等があるわけではなく、30までには祟にカミングアウトしたいと思っている、という設定です。親子が2人で暮らしているという設定で、8年間親が子供に対し性別を偽り続ける、かつ親子仲は非常に良い、というのははっきりいって不可能、あり得ないとは思いますが、その部分だけはファンタジーとして目をつむって読むことができれば、コメディー作品として非常に楽しめると思います。

 最終目標は今も昔も祟にカミングアウトすることですが、序盤~中盤のストーリーとしては、真琴は女状態の時に知り合った藤本菜摘という女性と仲良くなるが、男状態ではかなり嫌われている状態なので、本当の事を言えるはずも無いところに、なんと菜摘が女同士だけど好きですと真琴に言い寄ってくる……という感じの、この手の作品としては王道な展開で進んでいきます。一歩間違えればすべてが終わる危険な橋を渡りまくってはいるのですが、あくまでコメディ作品ですので、常にギリギリになりつつも、良い方、良い方へと話は進んでいきます。このあたり温いと言われればその通りですが、私的にはこのくらい温いのがちょうどいいので、不満はありません。現在、菜摘とはすべての誤解を解き、その上で良い関係を築けているので、残る大きな試練は祟へのカミングアウトだけと言えそうですが、さてはて果たしてどうなることやら。ハッピーエンドになることは疑っていませんが、どうやって締めてくれるのかには、非常に期待しています。

|

« アーケードゲーマーふぶき | トップページ | 三好さんとこの日曜日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アーケードゲーマーふぶき | トップページ | 三好さんとこの日曜日 »