« よつばと! | トップページ | ニコイチ »

2009/07/27

アーケードゲーマーふぶき

Img391 吉崎観音 著。月刊ファミ通Waveにて1998年~2000年にかけて連載、単行本全1巻完結。

 女子中学生、華原ふぶきが持っているゲームハードは、初代ファミリーコンピューター。古いハードだしふぶきのゲーマーとしての腕前もへっぽこだけど、いろんなソフトを楽しんでいます。ところが実は、彼女はなんと世界(?)アーケードチャンピオン。謎の人からもらったP・P(パックマン・パンティー)を身につけ、スカートがめくれるなどしてそれが表に現れることで、性格が一変。全宇宙のゲーム魂がふぶきに宿り、必殺の「一撃でクリアー!」を繰り出すことができるのです。がんばれふぶき、戦えふぶき、ゲームとゲームを愛するすべての人のために!

 タイトルからわかるとおり、古の名作「ゲームセンターあらし」のオマージュマンガです。巻末で吉崎観音とすがやみつるの対談とかやってるので、おそらく公認。ただし、オマージュしているのはタイトルとインベーダーキャップ代わりのパックマンパンティーだけで、毎話いろんなゲームで勝負する、という部分はそれほどではありません。どちらかというと、ゲームをネタにしたコメディー作品ですね。必殺技の名前が「一撃でクリアー!」という時点で、ゲームの内容がメインではないのがわかると思います。ゲームセンターあらしを知っている方が楽しめるのは確かですが、それよりもネタにされているゲームを知っているかどうかの方が重要でしょう。古い作品ですし扱われるのも古いゲームですからなかなか難しいとは思いますが、実は最近はバーチャルコンソールとかでやれたりするのかなー。

 作品としてはフツーに面白いレベルでしたが、ゲーム雑誌に掲載された実験的作品としては、それなりだったんじゃないでしょうか。ちょっとすごいのが、単行本でページを割いて、リアルでふぶきの格好をさせた人の写真を載せてるんですが……。この作品って、ストーリーの都合上パンチラもしくは下着姿シーンとかが毎話必ずあるわけですが、その写真でもパンチラの写真があったりします。顔は一切出ていないので、本人特定はまったくできないと思いますが、これってちょっとアレじゃね? 遊び心としてこのくらいあっても全然いいとは思うのですが、問題にはならなかったのかなー。

|

« よつばと! | トップページ | ニコイチ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« よつばと! | トップページ | ニコイチ »