« 動物のカメちゃん | トップページ | アウターゾーン »

2009/07/16

ラブやん

Img379 田丸浩史 著。アフタヌーンシーズン増刊にて2000年連載開始、同誌休刊に伴い月刊アフタヌーンに移籍、現在も連載中。単行本11巻まで以下続刊。

 25歳ニートでオタクでロリコンという三重苦のダメ人間、大森カズフサの前に、ある日突然、ラブやんと名乗る天使の輪と羽を持つ女が現れる。なんと彼女は、愛に飢えた子羊たちをラブまみれにするのが仕事という見た目通りの天使であり、カズフサの強烈な片思い電波を受けてラブ時空からやってきたというのだ。生まれてから25年間、彼女どころか友だちもほとんどいなかったカズフサは、ラブやんの成功率100%という自信満々な言葉に涙するが、カズフサの片思いの相手が小学生だと知り、今度はラブやんが涙する羽目となる。仕方ないながらも、相思相愛になれる最適な方法を捜すラブやんだが、当然の如く見つかるはずもなく、せめてカズフサを格好良くしようという特訓も当たり前のように失敗する。こうしてラブやんは、カズフサが愛を成就させるその日まで、ひとまずカズフサの部屋の押し入れに住み着くこととなったのだった……。

 そんな感じの、ラブコメのラブ部分をネタにしたような実験系ファンタジーギャグ。ロリオタプーという痛い主人公に、いかに普通の恋愛をさせるか、転じて、いかに普通の人生に戻すかという事を目的とし、毎話色々な方法を試す、という感じの作品です。カズフサがちょっと笑えないくらい痛くて、もう一歩踏み込んでしまえばすぐ警察沙汰レベル。そこを笑えるか笑えないか気持ち悪く思うかで、作品の評価は大きく変わるでしょう。一般人にはけしてオススメできない、かといってリアルでニートな人にもオススメできない、どちらに転んでもギリギリな作品です。というか、こう書いててマジでちょっとヤバい気がしてきました。あれれ? この物語はフィクションですよ?

 作中ではある程度リアルと同じように時間が経ち、当初25歳だったカズフサが単行本11巻時点ではすでに31歳というのが、痛さにさらに拍車をかけています。もちろん、ロリオタプーな部分はまったく変わっていません。話の展開上、下ネタというかロリネタも非常に多く、もうなんというかどこを取っても危険な作品。悪意を持ってこの作品を取り上げた場合、立場が悪くなることこの上なしという感じでしょう。そういった事情を気にせず、あくまでロリオタプーをネタとしたギャグマンガと割り切って読めれば、面白いとは思うんですけどね。もちろん私は、この作品の終着地点はどこかなーと思いつつ、笑いながら読んでいますよ。

|

« 動物のカメちゃん | トップページ | アウターゾーン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 動物のカメちゃん | トップページ | アウターゾーン »