« 三好さんとこの日曜日 | トップページ | ○本の住人 »

2009/07/30

青い花

Img394 志村貴子 著。マンガ・エロティクスFにて2004年より連載中、単行本4巻まで以下続刊。

 この春から藤が谷女学院高等部に通う奥平あきらは、入学初日に電車内で痴漢にあっていた、松岡女子高等学校の生徒を救います。後日、幼なじみで小学校1年生の時に転校していってしまった万城目ふみが、またこちらに戻ってくると聞いたあきらでしたが、久々の再開の場に現れたのは、あのとき電車で痴漢にあって涙ぐんでいた女の子でした。それ以来、学校は違うものの交流を再び持ち始めた2人でしたが、実はふみには、あきらには言えない悩みがありました。それは、ふみは引っ越してくる直前まで、年上の従姉妹と肉体関係にあったということ。そして、その従姉妹が、ふみにギリギリまで内緒にしたまま、結婚してしまうのだということ……。

 そんな出だしの、学園+百合マンガ。ふみはいわゆる同性愛者ですが、性格は積極的ではないため、基本は人に誘われてそういう状況になるという、あくまで受け身体質です。なので物語としては、ふみが積極的な人たちに翻弄されつつ、ノーマルであるあきらたちとの交友も深めていく、という感じになるのでしょうか。ふみ視点の百合物としては展開はオーソドックスですが、あくまでふみとあきらが主人公である以上、2人の関係が最終的にどうなるのかがやはり気になります。最終的にそういう関係になりそうではありますが、逆にそうはならない気もするんですよね。今はまだどちらにも転べそうですし、今後に期待という感じでしょうか。現在アニメ放映中ということもあり、アニメ版がどう締めくくるのかも参考になりそうです。

 やはりアニメ化されたということで、代表作はこの青い花と言うべきなんでしょうが、個人的には現在コミックビームで連載中の「放浪息子」こそが、アブノーマルに目覚めた作者の真骨頂だと勝手に思っています。なんというか、百合物である今作はまだ展開に予測がつきますが、女装物である放浪息子は、もうホント驚きの連続なんですよね。こんな作品を作り出してしまう作者に乾杯、という感じですよ。いやホントに。願わくば、両作ともに外部要因に惑わされることなく、最後まで描ききってくれることを願っています。

|

« 三好さんとこの日曜日 | トップページ | ○本の住人 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 三好さんとこの日曜日 | トップページ | ○本の住人 »