« アフロボマー | トップページ | フープメン »

2009/07/04

ぢごぷり

Img367 木尾士目 著。アフタヌーンにて2008年より連載中、単行本1巻まで以下続刊。

 18歳での出産を終え、退院したばかりの沖浦あゆみと、産まれたばかりの長女、夢子。あゆみは愛娘を抱きかかえ、双子の妹、日野かなめの待つアパートへと一週間ぶりに帰宅します。自分が出る方の体質だと知ったあゆみは、夢子を完全母乳で育てると決意。またそれ以外にも本で得た知識を元に、かなめの全面的なサポートの元頑張ろうとしますが、頻繁な授乳と夜泣きという現実を前に、徐々に精神的にも肉体的にも蝕まれていってしまいます。「赤ちゃんを育てるのって、すごく幸せな事なんだと思ってた」 あゆみの地獄の日々は、始まってからまだたったの2週間しか経っていないのです……。

 そんな出だしの、育児マンガ。1話で退院して1巻終了時でまだ2週間しか経っていないので、現時点では育児レポートマンガみたいなものです。ストーリーがあるとすれば、育児の苦労にあゆみがどんどん壊れていく、というくらいです。いや冗談じゃなく。育児の辛い部分を徹底的に描いた、異色作なんでしょう、きっと。そして、私にはそれが、非常に不満です。

 なんというか、出産、育児が大変なんであろうことは想像できます。想像できると言ったところで、本当の苦労がわかるわけがない、ということもわかっているつもりです。だけどですね、これは育児ハウツー本ではなく、エンターテイメント作品であるマンガなんです。読んで喜んだり、怒ったり、哀しんだり、楽しんだり、考えさせられたり、ほっとしたり、感動したりすべきものなんです。けして、人間が誰でも持つ負の部分を見せつけられ、嫌な気持ちになるものではないはずなんです。そしてこの作品は、以上のような意味で、私にとってはエンターテイメント作品とは言いづらいものでした。

 あゆみの姓は変わっているのに、父親は一切姿を現さない。というか、話題に上げるのもタブーらしい。あゆみの両親も一切出てこない。そのようなきな臭い設定は用意してあり、今後展開していく部分なんでしょう。そうすれば「げんしけん」という長期連載作品をきちんと完結させている作者ですから、この作品も私の望むようなエンターテイメント作品になっていくとは思います。ですが、1巻を読んだ限りでは、正直これは他人には薦められない作品であると、私は結論づけました。願わくば、1巻は本当に前置きであり、2巻以降で大きく動いてくれたらなー、と思います。でもそれにしたって、前置き長すぎですよ……。

|

« アフロボマー | トップページ | フープメン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アフロボマー | トップページ | フープメン »