« NARUTO -ナルト- | トップページ | GoodMorningティーチャー »

2009/07/24

委員長お手をどうぞ

Img388 山名沢湖 著。COMIC HIGHにて2004年連載開始、同誌休刊に伴い一時中断し、2005年のコミックハイ!創刊に伴い再開、その後完結。単行本全2巻。

 保健委員長、風紀委員長、図書委員長、etc……。そして、各クラスに戻った彼ら、彼女らをまとめる、学級委員長。学校には、クラスの数+委員会の数だけ、委員長がいるんです。好きで委員長になった人は、使命感に燃えているかもしれませんが、理想と現実のギャップに苦しんでいるかもしれません。押しつけられて委員長になった人は、やっぱり嫌々委員長を続けているかもしれませんし、なってみたら意外に楽しんでできているかもしれません。そんな彼ら、彼女らの、ほのぼの委員長ストーリー。

 主人公が何かしらの委員長である、という条件下でのオムニバスストーリー。舞台は共通したとある一高校で、最終話のみそれまでの委員長がオールスターでそろいぶみです。タイトルの語呂はとてもいいのですが、これ、主人公を委員長に限定してしまっているせいで、話作りは非常に難しいと思うんですよね。しかもどの話もほのぼの(時にラブコメ付き)なので、さらにネタは限定されてしまいます(まぁこれは作者の性格上、ほのぼの以外にしろと言われる方がきついんでしょうが)。そんな一見厳しい条件下での短編集ですが、どれもとてもほのぼのしていて、かつ読後感もいいという、素晴らしい作品です。褒めすぎ?

 作者の作品はどれもこれもこんな感じでどれもこれも好きですが、一番はやはり同誌で去年まで連載されていた「つぶらら」でしょう。最終回まで読めて、幸せな作品でした。現在は芳文社での不定期連載だけのようですが、またコミックハイに戻ってきてくれる日を、楽しみに待っています。……と言いつつ、コミックハイのカラーには微妙に合ってないとは思いますけどね。つぶららも正直言って、扱いは不遇だったと思いますし。

|

« NARUTO -ナルト- | トップページ | GoodMorningティーチャー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« NARUTO -ナルト- | トップページ | GoodMorningティーチャー »