« おうちがいちばん | トップページ | となりのなにげさん »

2009/08/08

黒博物館スプリンガルド

Img403 藤田和日郎 著。モーニングにて2007年に短期集中連載。単行本全1巻完結。

 1837年のロンドンに突如現れた、怪人「バネ足ジャック」。その名の通りバネになっている足を操って空高く飛び跳ね、目は燃えていて口からは青い炎を吐き、蛇腹になっている腕の先には鋭い爪が付いているという正体不明の怪人は、若い女性を散々驚かせるだけ驚かせた後、スコットランドヤードの追跡を見事振り切り、姿をぷっつりと消してしまいます。そして3年後、再び現れたバネ足ジャックは、今度は立て続けに4人の女性を殺害。スコットランドヤードのジェイムズ・ロッケンフィールド警部は、かねてから疑っていたウォルター・デ・ラ・ボア・ストレイド侯爵の元を訪ね、お前がバネ足ジャックなんだろうと問いつめますが、逆にウォルターは、バネ足ジャックは殺しなんかしない、と何かを知っているような顔で、強く反発するのでした……。

 現実に記録として残っている事件「バネ足ジャック」をモチーフとした、ゴシックホラー。全6話と短いお話だけあって、二転三転はしませんが、きちんと事件が起こり、きちんと解決する、という感じで、全1巻としては問題なく面白い作品でした。なんというか、「うしおととら」「からくりサーカス」と長編を2つ終わらせた作者が、こんな感じの話もちょっと描いてみたいなー、と言っているのが聞こえてくるような気がする作品です。

 作者の作品は、主人公の一人として子供が登場するのが普通ですので、この作品のように子供がほとんど出てこない作品は、ちょっと新鮮でもありますね。単行本には本編以外にその後の外伝も収録されているのですが、そちらは子供が主人公になっていて、いつもの藤田和日郎だなー、と思ってしまいました。

 今も昔も小学館で作品を発表し続けている作者の、唯一(?)の小学館以外でのこの作品。一応、黒博物館シリーズ、という構想もあるみたいなので、小学館とは喧嘩別れにならない程度に、また続編を期待しています。複数の出版社で描くこと自体は、いいことだと思いますしね。

|

« おうちがいちばん | トップページ | となりのなにげさん »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« おうちがいちばん | トップページ | となりのなにげさん »