« 第六大陸 | トップページ | ふたばの教室 »

2009/08/20

ひもろぎ守護神

Img416 緋采俊樹 著。週刊少年チャンピオンにて2002年~03年にかけて連載、単行本全5巻完結。

 怖い目にあうとすぐに気を失ってしまうという小学5年生、聖舞咲(ひじり まさき)の中には、本人は知らなかったが、実は舞咲が産まれると同時に交通事故で死んだ、兄の勝己(まさき)の魂が同居しており、舞咲には気付かれることのないまま、妹のことを守り続けていた。林間学校での霊騒動をきっかけに、そのことに気付いた舞咲の心友である藤崎愛梨は、幼少時に舞咲に命を助けてもらったことが、実は勝己に助けてもらったのだということに気付き、勝己と心を通わせる。だが、勝己の出現頻度が増えることで、自分の記憶がよく途切れるようになってしまった舞咲は、自分が何かに取り憑かれているんじゃないかと心配し始める。そんな折、クラスに転入してきた祓い屋の息子、榊天国(まほろば)は、舞咲に憑いているのは兄であると公言。ショックを受ける舞咲のチャンネルを開き、勝己と話せるようにしてしまう。舞咲にとって勝己とは、いたことすら教えられていない存在。魂が同居していることに今更気付かれてしまえば、舞咲の性格上耐えられるはずもなく、勝己は愛梨とも別れ、成仏しなければならない。だがそれでも、妹と話せるというこの機会を、勝己は逃すことはできなかった……。

 そんな出だしの、霊能ストーリー。ストーリー部分とコメディー部分の比率は、6:4くらいでしょうか。上記はおおよそ4話までのあらすじで、この後勝己は紙型に移されるが、実は舞咲には、神が憑依しやすくしかも憑依した神の言うことをきかせられる、というひもろぎとしての力があり、勝己がいた部分を悪霊共が狙って集まってきてしまうため、勝己を成仏させることは不利益にしかならない、という感じでとりあえずは決着します。序章が長い作品と言えるのでしょうが、ちょっと前提としての設定が複雑だったので、仕方のない部分とも言えるでしょう。全5巻と短い作品ではありますが、展開させたストーリーもきっちりとまとめきり、非常に読ませる作品でした。最終回とその後日談は、今読んでもほろりと来ます。不要な展開は一切無しという感じで、もうちょっと遊びの話があっても良かったかなー、と思わないでもないですが、下手に中だるみするよりかはこちらの方が良かったんでしょうね。雑誌で読んでいた頃は終盤に唐突感がちょっとありましたが、単行本になってみるとそんなことは無いという、不思議な作品でもありました。

 作者はその後、新作を発表することもなく、HPの更新も止まってしまい、どうなってしまっているのかと思っていましたが、つい先日の週刊少年チャンピオンにて、約6年ぶりに代表作「ゲッチューまごころ便」の新作読み切りを発表。久々に作者の作品が読めて、本当に良かったです。願わくば、次の連載も、ゆっくりでいいので期待しています。

|

« 第六大陸 | トップページ | ふたばの教室 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 第六大陸 | トップページ | ふたばの教室 »