« まあじゃんほうろうき | トップページ | 逆境ナイン »

2009/08/28

八咫烏

Img424 小林裕和 著。週刊少年サンデー2009年39号掲載読み切り。

 戦国期、卓越した火縄銃の用法を用いて必勝の傭兵として各地を転戦する、雑賀衆と呼ばれる集団が存在した。文禄7年(1564年)、播磨の国で行われた山城での籠城戦に参加していた雑賀衆の一人、雑賀孫一は、その日も期待に違わぬ働きを見せていたが、敵方に援軍が到着して味方の後詰めは来ず、その戦力差は3倍という現実に、城主は撤退を決意。孫一を含めた雑賀衆にも同行を命令するが、孫一はそれを拒否し、きっちり片を付けるためになんと雑賀衆20人だけで城に残ると言うのだった……。

 そんな感じの、戦国絵巻マンガ。いわゆる鉄砲集団雑賀衆をそのままベースとしており、タイトルの八咫烏(ヤタガラス)も、実際に戦国時代に雑賀衆の鈴木家が旗に使っていたそうです。画やコマ割りも問題無いし、一読する分にはフツーに読める作品なのですが、きっちり考察しようとすると色々問題点というか粗が見えてくる、私としてはちょっと惜しい作品でした。

 具体的に言うと、メインストーリーは雑賀孫一率いる雑賀衆の活躍とこの戦いの顛末なわけですが、そこに若き日の黒田孝高が出てきて、一兵卒としては無能だったが、この戦いを経て名軍師としての道に目覚める、というサブストーリーが組み込まれてるんですよね。それ自体は問題ないんですが、それを証明するための手段がちょっとお粗末。約6倍? の敵に対し、黒田孝高の将棋を元に雑賀孫一が考案した奇襲作戦で勝利を収めるのですが、兵力が均衡していた当初は敵は2方向から山城を攻めていたのに、援軍が来たら今度は何故か全軍をもって正門のみから攻め入ろうとしているという、お前それ一番前の部隊しか戦ってないだろう状態。もしここで、黒田孝高の考案した策で敵を正門に集中させることに成功した、という記述が1ページでもあれば、全然説得力が増したであろうだけに残念です。そしてそれは、主人公は雑賀孫一なのだから、サブキャラである黒田孝高をどこまで出張らせるか、という根本的な問題に繋がっちゃうんだと思うんですよね。おそらくここで黒田孝高を出張らせてしまうと、主役のはずの雑賀孫一がかなり食われてしまう、と思ったのではないでしょうか。

 雑賀孫一を主役としてマンガを描こうとした。サブキャラに若き日の黒田孝高を持ってきたら、良い感じになったけど、主役が食われそうになってしまった。仕方ないので、黒田孝高の出番を減らした。もし本当にこういう流れだったとしたら、非常に残念なことです。解決策としては、雑賀衆はあくまで傭兵集団、影の存在であるとし、雑賀孫一をメイン主人公にすることはすっぱりあきらめ、黒田孝高を主人公にしとけば良かったんじゃないかなー、と思います。雑賀孫一は影の主人公という感じで。なんというか、いつにも増して言いたい放題ですねごめんなさい。

 作者は現在、クラブサンデーにて行われている新人王決定戦にノミネート中であり、Bブロック予選を読者投票1位で勝ち抜いた作品「D.O.U.M」が現在もサイトで読めるようになっています。こちらはうってかわって近未来バトルアクション作品で、やはり一読する分には問題なく読める作品なのですが、できるならもう一山欲しかったなー、という物足りなさもある作品でした。ネタをもう少し詰めて、うまく消化できるようになれば、一気に面白くなると思いますので、期待しています。

|

« まあじゃんほうろうき | トップページ | 逆境ナイン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« まあじゃんほうろうき | トップページ | 逆境ナイン »