« 黒博物館スプリンガルド | トップページ | サマーウォーズ »

2009/08/09

となりのなにげさん

Img404 橘紫夕 著。まんがホームにて2008年より連載中、単行本1巻まで以下続刊。

 教科書を忘れてしまったり、カギを落としてしまったり、飲み物をこぼしてしまったりと言った、日常で起こるなにげないトラブル。そんなとき、なにげなーく助けてくれる彼女の名前は、なにげさん。本名不明、クラスも不明、そもそも生徒なのかどうかも不明だけど、学校内はもちろん、街の様々な場所で困っている人がいれば、いつのまにか手をさしのべているのです。時にはちょっと的はずれだったり、逆に被害が大きくなることもありますが、なにげさんの純粋な好意と優しさは、きっとあなたの心をなにげなく温めてくれることでしょう。

 そんな感じの、学園4コマ。口数は少ないけど困っている人に手を差し伸べすぐに去る、というなにげさんのキャラが非常に良く、もうキャラが完成した時点での勝利と言っていいくらいだと思いました。この、すぐに去る、というのが特にいいんですよね。4コマ目のオチの一パターンとして、親切を終えたなにげさんが「タッ」という擬音と共に走り去っていく、というのがあるのですが、もう最高です。ああ、私も、なにげさんになにげなく助けてもらって、お礼を言う暇もなく立ち去ってもらいたい……(聞いてない

 作者はこれ以前に、ハムスペ(ハムスター倶楽部スペシャルの略)にて「でかポメ」という作品を連載していたのですが、雑誌休刊、出版社倒産に伴いこの作品を芳文社に持ち込んで、なんとか連載を取った、ということらしいです。この作品がこれだけ私好みなら、他の作品もぜひ読んでみたいと思いますが、出版社が倒産している以上、通常の手段で手に入れるのはちょっと大変なのかもしれませんね。作者のHPで買えるみたいなので、買えるうちに買っちゃうのがベストなのかなー。

|

« 黒博物館スプリンガルド | トップページ | サマーウォーズ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 黒博物館スプリンガルド | トップページ | サマーウォーズ »