« 明治百機八匣譚 DENGI | トップページ | CROWN! »

2009/08/03

ロボこみ

Img398 やぎさわ景一 著。週刊少年チャンピオンにて2003年~05年にかけて連載、単行本全4巻完結。

 高校2年生の石上勇介が転入してきたクラスには、成績優秀、容姿端麗、水泳以外の運動能力も高く、性格も器量も良いという、非の打ちどころがないような美少女がいた。だが、足にはローラーダッシュ、身体の各部位にはロケットランチャー、指にはレーザービームが仕込んであるという彼女の名前は、鈴木ロボ子。クラスメイトには彼女が人間に見えるらしいが、石上にはどうしても、ロボットにしか見えなかった。幸か不幸かはわからないが、ロボ子に好かれてしまった石上の過酷な日々は、今日も続く……。

 そんな設定の学園ショートギャグ。他に、足が無い幽霊の桜木礼子(こちらもロボ子同様、幽霊だと思っているのは石上だけ)とか、ゴスロリ化け猫の黒井ねことか、非日常キャラが日常に入り込んでくるという設定が満載です。ネタとしては、基本的なパターンは石上が他人によって不幸な目にあうというもので、初期は主にロボ子のロケット弾等によって、石上が爆発に巻き込まれたり怪我をしたり入院をしたりするか、誤解によって警察に連れて行かれるというパターンが多く、笑えます。ショートギャグで、結局オチは同じかよ、って笑える作品はレベルが高いと思っていますので、その点でも高評価です。中期以降はキャラが増えてパターンも増えますが、そういう意味で一番面白かったのは、やはり初期~中期ということになるんでしょうね。

 連載期間は1年半と、短くもなく長くもない感じでしたが、中期以降もフツーに面白いレベルは維持していたので、もっと続いても良かったのになー、という感じでした。なにより、石上と委員長(本当は副委員長)のラブコメの結末が見れなかったのが残念です。委員長可愛かったのになー(聞いてない

|

« 明治百機八匣譚 DENGI | トップページ | CROWN! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 明治百機八匣譚 DENGI | トップページ | CROWN! »