« 世直し伝説!! 世奈押郎 | トップページ | まあじゃんほうろうき »

2009/08/26

酒は辛口 肴は下ネタ

Img422 みさき速 著。ヤングチャンピオンにて2008年より連載中、単行本1巻まで以下続刊。

 女嫌いの硬派な青年、野々宮太郎が一人で切り盛りをする、東京下町の居酒屋「男道」は、安くて旨いが身上の、純粋に味を楽しむ酒呑みの店。高級店じゃない、小さくても客が飾らずに楽しめる店がやりたいと考えていた太郎にとって、男道は理想の店であった。だがある日その店に、ガラガラより先に張型を握り、枕絵以外の絵本には見向きもせず、寝物語には団鬼六を読んでやらねば寝付かなかったという、骨の髄からの色魔にして太郎の歳の離れた小学生の妹、花七が現れ、彼を実家に連れ戻そうとする。実は太郎の実家は京都で300年続くすっぽん料理の老舗「華屋」なのだが、そこの長男であるにも関わらずしきたりにより後を継ぐことができないため、太郎は家を飛び出してしまった、と花七は思いこんでいたのだ。だが、口を開けば出てくる言葉は悪意の無い色ネタだが、兄を想う気持ちは本物であった花七は、いつも仏頂面でずっと幸せではないんだと思いこんでいた兄が、ここでは客にも慕われ幸せに店をやっていたことを知り、連れ戻すという考えを改める。自分を理解してもらったのだと喜ぶ太郎であったが、花七のしばらくこの店で社会勉強させてほしいという願いをうっかり聞き入れてしまったがために、その日から色魔、花七による悪意の無い色ネタトークが、大事な店にこだまするようになってしまうのであった……。

 そんな設定の、居酒屋というか小料理屋を舞台とした色ネタコメディー。花七の思考、セリフは等は、それが下ネタと受け取られると思いながらの意図的なものでは(多分)無いので、下ネタではなく色ネタと言うべきだと思います。受け手からしたら下ネタになるんでしょうから、タイトルはこれでいいんでしょうけどね。どちらにせよ、小学6年生の女の子がそういうセリフを喋りまくるというギャップと、大人なのにそれに振り回される太郎という構図で笑いを取る、コメディー作品です。「曲芸家族」といい「殺戮姫」といいこれといい、最近の作者の作品はどれも主人公の男が女に振り回されるという構図ばかりなのですが、そいういった構図がそもそも好きだし描きやすいんでしょうね。私も好きですので、もっとやってください(聞いてない

 この野々宮花七というキャラクターなんですが、作者の他作「曲芸家族」に、同姓同名見た目も同じのキャラが出てくるんですよね。性格もかなり近いのですが、設定が微妙に違うので、一応別キャラなんでしょう。曲芸家族の花七を元にして、この作品の花七をつくった、というのが正解なのかなー。それ自体は別に問題でもなんでもないんですが、こういうことをやられてしまうと、曲芸家族の再開はもう無いであろうことを思い出してしまい、非常に淋しいです……。

|

« 世直し伝説!! 世奈押郎 | トップページ | まあじゃんほうろうき »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 世直し伝説!! 世奈押郎 | トップページ | まあじゃんほうろうき »