« うる星やつら | トップページ | 銘高祭! »

2009/09/11

アオソラ

Img439 雷句誠 著。月刊少年マガジン2009年10月号掲載読み切り。

 時乃アオは、ごく普通の小学生だった。だが彼には、雪間ヒデという、格好ではなく人間がカッコいい友人がいた。彼は、車に撥ねられ路上で息も絶え絶えになっている野良犬を助け、河原に葬ってあげることができるような少年だった。後日、その場にいたクラスメイトの朝倉裕子が、犬が河原で元気にしている絵を描いた。アオとヒデは朝倉の才能に驚き、そして2人も絵を描いた。3人はこうして、意識して絵を描くようになっていった。――時が経ち、5年後。中学生になっていたアオは、ごく普通の中学生ではなくなっていた。絵はうまくなり、数々の賞を取るようにはなったが、やる気は無く、将来というものに悲観する毎日を送っていた。ヒデは変わらず友人だったが、アオよりもはるかに本気で絵を描き続けていた。そして才能溢れる朝倉は、身体が弱く、学校を長く休んだ後、ついに亡くなってしまう……。どんな生き方をしても、最後は死んでしまう。一生懸命やっても、最後は全部無駄になる。それが真理だと気付いたアオは、将来というものを考えるのをやめ、より一層享楽的な日々を送るようになっていく……。

「金色のガッシュ」で有名な雷句誠が送る、おそらくは精神部分における自伝的作品。自伝というよりは、作者の漫画家としての、所信表明作品、と言えるのかもしれません。カッコ悪い結末を迎えてしまったガッシュ事件の後に、再び作者がカッコいい生き方を目指す。この作品には、そんなメッセージが込められているような気がしました。色々ありましたが、これからも雷句誠という名前は、追い続けたいと思います。(ちなみにガッシュ事件に関しては、私はどちらが正しい、間違ってる、とか結論を出さないことにしています)

 というわけで作者は、9/9創刊の別冊少年マガジンにて、新連載「どうぶつの森」をスタート。第1話を読んだ限りでは、独自のノリはそのままですが、私にはちょっと評価がし辛いなー、という感じでした。正直、週刊少年マガジンに掲載された「どうぶつの森 エピソード0」の方が面白かったですね。まぁまだ第1話ですし、まだまだこれからでしょう。あと、ジャンプSQとヤングキングアワーズにも読み切りが載るらしいので、そちらもチェックしますよー。あれ、小学館は……?(終了

|

« うる星やつら | トップページ | 銘高祭! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« うる星やつら | トップページ | 銘高祭! »