« メタリカメタルカ | トップページ | カードキャプターさくら »

2009/09/02

究極超人あ~る

Img429 ゆうきまさみ 著。週刊少年サンデーにて1985年~87年にかけて連載、単行本全9巻完結。

 撮影旅行で宇奈山公園にやってきていた春風高校光画部の2年生、大戸島さんごは、公園内の池から自転車に乗って飛び出してきた学生服姿の男に出会う。2週間この山でさまよっていたという彼の名は、R・田中一郎。なんと本当なら、2週間前にさんごのクラスに転入してくるはずの男であった。人の話を中途半端に聞かない超マイペースっぷりと、見事なまでのボケっぷり、いじられっぷりを買われ、光画部へと入部することになったRだったが、なんと彼には、もう一つ秘密があった。それは、180度首が回ること……ではなく、実は彼は人間ではなく、アンドロイドなのであった。

 そんな出だしの、高校の光画部(いわゆる写真部)を舞台としたドタバタコメディー。オタク系スクールライフ作品の走りでもあります。メインとなるストーリーは特に無く、日々のドタバタをただ綴っていく日常系作品ですが、キャラ同士のかけあいが非常に楽しい作品でした。主人公のあ~るはもちろん、さんごやしいちゃん、3年の鳥坂先輩にOBのたわば先輩など、どのキャラも非常にいい味を出しています。作品内時間が現実時間とリンクしていたのもこの作品の特徴で、夏に始まって翌春には全員が進級、鳥坂先輩は卒業して、代わりに新入生が新入部員として入ってきたりもします。結局さらに翌年、あ~るが卒業した年の夏に連載終了となりましたが、やはり初期レギュラーであった上記キャラたちの人気が高すぎたんでしょうね。どのキャラも卒業後もフツーに登場してはいましたが、やはり光画部部室がメインの舞台であった以上、話にからませづらかったんでしょう。最終年度の新1年生を3人も入れていたことから、おそらく作者はもう少し続ける気があったんでしょうし、そういう意味ではちょっとだけ残念な終わり方でした。でも、作品自体は文句なく面白かったですけどね。

 作者の代表作はおそらく「機動警察パトレイバー」になるのでしょうが、出世作と言えば間違いなくこの作品でしょう。現在はビッグコミックスピリッツにてセルフリメイクの「鉄腕バーディーEVOLUTION」を連載中であり、これも問題なく面白いのですが、あ~る以降はストーリーの重厚な作品ばかりな気がするんですよね。またそのうち、あ~るのようなお気軽コメディー作品を読んでみたいなー、なんて思っています。

 そして、現在発売中の「月刊スピリッツ」創刊号に、「ゆうきまさみキャラ大集合クリアファイル」なんてものが付いていまして、中央に描かれているのはバーディーなのですが、後ろにあ~ると鳥坂先輩が描かれていたりするんですよね。正直私はこの手のオマケグッズはそれほど興味は無いつもりなのですが、あまりの懐かしさに思わず買ってしまい、そしてあ~るが読みたくなって、本の山の中から発掘してきた、という次第でありました。

|

« メタリカメタルカ | トップページ | カードキャプターさくら »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« メタリカメタルカ | トップページ | カードキャプターさくら »