« もずく、ウォーキング! | トップページ | こどものじかん »

2009/09/06

あまんちゅ!

Img433 天野こずえ 著。月刊コミックブレイドにて2008年より連載中、単行本1巻まで以下続刊。

 高校入学を機に東京から伊豆に越してきた、引っ込み思案な性格の女の子、大木双葉は、入学初日に物事すべてを楽しそうに行う不思議な雰囲気を持った女の子、小日向光に出会う。偶然クラスも同じ、席も縦並びだったこともあり、光になつかれてしまった双葉は、次第に光のその物事のとらえ方に感化されていく。そしてダイビングが趣味だった光に半ば強引に連れられ、高校のダイビング部の部室を訪れた双葉は、そこで水と触れあうダイビングの楽しさ、心地よさを体感してしまい、ダイビング部への仮入部を決意する――。

 そんな出だしの、ダイビングを題材にしたハートウォーミングな学園ドラマ。1巻時点ではダイビングのシーンはほとんど無く、今後2人がダイビング部に本入部して、海中の描写はそれから、ということになるのでしょう。主人公は光と双葉の2人でいいのでしょうが、ARIAの作者の新作と考えると、メイン主人公はあくまで光なのかなー、とは思います。ただ双葉も、ダイビング初心者ということと、東京から越してきた深い理由があるらしいがまだ描かれていないということで、成長物語の主人公としてのポテンシャルは十分秘めていると思いますけどね。清涼感、爽快感を携えた絵柄は今作でも健在で、ARIAでは描かれなかった水中の世界を今後どう表現してくれるのか、非常に楽しみです。

 べた褒めではありますが、気になった点が一つだけ。以前から作者の作風として場面場面でSDキャラ(もしくは表情のSD化)が出てくることがあるわけですが、今作においてはその頻度がちょっと多いかなー、と思いました。1巻だけでも何度も、ここはSDじゃなくてシリアスな表情の方が良かったのに、という場面がありましたね。慣れの問題なのかもしれませんが、シリアスな表情のシーンはシリアス、SDキャラのシーンはコミカルだと思いますし、そう考えるともう少しSDの頻度を減らすべきなんじゃないかなー、と思いました。

 まだまだ1巻でストーリー的にはスタートしたばかりですが、ARIAの作者である以上今後の心配なんてする必要もないでしょうし、末永く読んでいきたいと思っています。

|

« もずく、ウォーキング! | トップページ | こどものじかん »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« もずく、ウォーキング! | トップページ | こどものじかん »