« バキ外伝 疵面-スカーフェイス- | トップページ | あまんちゅ! »

2009/09/05

もずく、ウォーキング!

Img432 施川ユウキ 著。ヤングチャンピオンにて2004年~08年にかけて連載、単行本全3巻完結。

 小学4年生の藤村サチの家族構成は、両親、自分、弟、そして犬のもずくの、4人と1匹。言葉は通じないけれど、サチはもずくの事が大好き。家族の事を書く作文に、父のことを書くのは忘れても、もずくのことを書くのは忘れません。ところが実はもずくは、人語を解し思慮を巡らせることができるという、とんでもない犬だったのです。「室内犬の生活は、まるでニートだ……」 「負け犬という言葉はあるが、勝ち犬という言葉は無い……」 そんな無駄に哲学する犬、もずくと、その飼い主、サチの繰り広げる、ハートフル哲学コメディ。

 日々の些細なことから真理(に思える物)を見つけ出す、という感じの哲学コメディーですが、主人公が犬であるというのがポイント。人の言葉を理解できるのはいいとしても(いいのか)、ネコやモグラの言葉もわかるとか、様々な分野の知識がありすぎるとか、ツッコミ所は色々にありますが、これくらいの知識、知能がないと哲学なんてできないでしょうし、コメディー作品としては問題ないでしょう。以上のように設定自体はシュールですが、哲学部分はまともだし、犬視点だからこそのテーマを扱った話が多いので、主人公が犬という必然性も十分。クスリと笑えて、それでいてちょっと考えさせられたりもする、面白い作品でした。

 作者は現在も、複数の作品を同時連載中。週刊少年チャンピオンに戻ってきてくれる日を楽しみに待っているのですが、この現在進行形の連載が終わらないことには、戻ってくるのは難しいでしょうね。他誌の連載を読みながら気長に待ってますので、そのうちまた戻ってきてくださいねー。

|

« バキ外伝 疵面-スカーフェイス- | トップページ | あまんちゅ! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« バキ外伝 疵面-スカーフェイス- | トップページ | あまんちゅ! »