« それだけでうれしい | トップページ | マイガール »

2009/09/21

みりたり!

Img448 まもウィリアムズ 著。まんが4コマKINGSぱれっとLite(現まんがぱれっとLite)にて2008年より連載中、単行本1巻まで以下続刊。

 ぱっとしない高校2年生、矢野宗平の家に、ある日突然戦車が、壁を壊して進入してくる。さらにその戦車から現れた女の子兵士に、宗平は銃を突きつけられてしまうが、なんとそのルトガルニコフ中尉とハルカ少尉の2人は、宗平の父親から宗平の元へ送られた、彼の護衛だと言うのだった。平凡なセールスマンだったはずの父の身に、一体何が起こったのか。実は宗平の父親は、仕事で彼女たちの国であるクラコウジア公国に行った際に、書類ミスで軍隊に入れられてしまい、返してくれないので仕方なしに傭兵をやっているのだという。そして彼の立案した作戦により、隣国グラニア共和国との戦局は一気に好転。凄腕の傭兵として名を知られてしまい、そのせいで、息子である宗平の身にも危険が迫っているのだそうだ……。ところがルト中尉とハルカ少尉の2人は、世間知らずの兵器オタクにしてドジっ子という、ある意味敵より怖い存在。果たして宗平は生き残ることが……もとい、平和な日常を送ることができるのか!

 そんな感じの、ドタバタギャグ4コマ。ぷに系の女の子にごつい兵器を持たせてみました、というのはよくあるパターンの一つだとは思いますが、理由付けが上記あらすじのように(ギャグ4コマとして)しっかりしており、第1話が意外に読ませる作品でした。設定は深く考えずに、とにかく現状はこうです、みたいな作品が多い中、これはポイント高いと思います。ただまぁ、その後の展開は、敵方の刺客として同じようなぷに系女の子が現れドタバタギャグを繰り返したりする、という感じで、別につまらなくはないんですが、特筆するほどでもない、という感じなんですけどね。あ、内容に沿った欄外の小ネタは面白いので、これはずっと続けてほしいです。

 作者の経歴はちょっとわからないのですが、同人出身で商業誌の単行本はこれが初めて……なのかな? 絵柄がいわさきまさかず(「ポポ缶」「ケメコデラックス!」等)に微妙に似てるかなー、と最初は思っていたのですが、見れば見るほど違ってきたので、多分まったく関係は無いのでしょう。隣に住むお姉さんがらみのネタとかがわりと私のツボに近いので、そういった日常系の作品とかも読んでみたいなー、と思っています。

|

« それだけでうれしい | トップページ | マイガール »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« それだけでうれしい | トップページ | マイガール »