« ママ | トップページ | みりたり! »

2009/09/20

それだけでうれしい

Img447 松田円 著。まんがタイムスペシャルにて2006年~09年にかけて連載、単行本全1巻完結。

 年上好きで惚れっぽくて、でも巡り合わせが悪いのかいつもふられてしまう、喫茶ペルメッソのマスター、将一。そんな彼の幼なじみの夕子は、将一がふられるたびに、自家製のぼた餅を差し入れます。すると決まって将一は言うのです。俺、夕子と幼なじみで良かった。夕子のぼた餅食うと、俺元気出るし、と……。好きなものはつくれても、好きなものにはなれない。でも今は、こうやって半泣きの笑顔で、ぼた餅を食べてもらえる。今はただ、それだけで、うれしい――。

 そんな感じの、夕子の片思い恋愛ストーリー。展開は非常に遅く、外的要因によって徐々に徐々に夕子が自分の気持ちに整理をつけていく、という感じの物語なのですが、毎話が8Pしかない全20話のショートストーリーなので、1話1話に遊びがない、濃い作品になっています。なんというか、仮にこの作品がショートストーリーでなく、1話45Pの月刊連載とかだったりしたら、絶対にこんな風にまとまらないと思うんですよね。毎話8ページしか無いがために、8ページごとに夕子の心を一区切りさせなければならない。それを20回繰り返した後の結末は、オーソドックスながらも、非常に心穏やかに、夕子の事を応援できるものになりました。派手さも盛り上がりもあまり無いけれど、読後感の非常に心地良い、素敵な作品でした。

 作者の他作は、「サクラ町さいず」や「つくしまっすぐライフ!」等の4コマ作品は読んでいたんですが、非4コマ作品をこんなに描ける方だとはちょっとわかっていませんでした。正直これだけ描けるなら、4コマをメインとしている出版社以外でも全然いけると思います。4コマ大手4社ではストーリーマンガは難しいでしょうし、次はぜひ他社でいいので、ストーリーマンガでの連載を期待しています。アフタヌーンあたりどうですか?

|

« ママ | トップページ | みりたり! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ママ | トップページ | みりたり! »