« アイシールド21 | トップページ | 猫ラーメン »

2009/10/07

めだかボックス

07228640 原作・西尾維新、漫画・暁月あきら。週刊少年ジャンプにて2009年より連載中、単行本1巻まで以下続刊。

 このたび1年生にして、98%という冗談みたいな支持率で箱庭学園の生徒会長となった黒神めだかは、全国模試では常に上位をキープ、偏差値は常識知らずの90を記録し、スポーツにおいてもあらゆる記録を総なめ状態、さらに容姿も引くほどの美人という、まるで完璧超人のような有言実行のお嬢様。公約として設置した目安箱に入っていた、剣道場にたむろする不良を追い出して欲しい、という匿名生徒からの投書を目にしためだかは、2歳の頃からの幼なじみ、人吉善吉を伴って剣道場へと赴くが……。

 そんな出だしの、完璧超人の生徒会長を主人公とした人助けコメディー。目安箱に投函された悩み相談を、善吉を引き連れためだかが華麗に解決する、というのが作品の基本スタンスです。となれば当然、物語のキモは、いかにめだかが悩み相談を「読者の予想外の展開、方法」で解決するか、になると思うのですが、私にはどうにもその部分に不満が残ってしまう作品でした。この作品には、読み切りとして掲載されたプロトタイプ版「めだかボックス」があるのですが、そちらはすべてにおいて完成度が高すぎるという感じの、非常に面白い作品だったんですよね。では何故、連載版に私は不満を感じているのか。色々考えてみたんですが、1つは読み切りと連載というスタイルの違いがそのまま出てしまった、という感じだと思いました。読み切り時はめだかの性格や言動が当然わかっていないわけで、だからこそめだか独自のちょっと真似できないような解決手段も、鮮やかな物に見えたわけです。しかし、連載化してそれを何度も行っていれば、一回目はインパクトがあって鮮やかに見えても、どんどんマンネリ化していくのは当たり前。しまいには作中でピンチと表現していても、読んでいてピンチとは思えなくなる始末。読者に「いくらめだかでもこれは無理だろう」と思わせつつ、納得できる内容で華麗に解決する、というのを繰り返すのは、相当しんどい作業なんでしょうが、でも連載するからにはそれをやってほしかった、と思わずにはいられませんでした。

 もう一つ気付いたのは、コメディーの比率。読み切り時よりも連載時の方が、あきらかにコメディー比が下がってるんですよね。もちろんそれだけで好い悪いが言えるものではありませんが、読み切り時の面白さの一つに、「下心を持って目安箱に投書した人物が、めだかがそれに応じることで逆に酷い目にあう」というドラえもんののび太的なコメディー要素があるんですよね。しかし連載版からは、そのような要素はほとんど見えてこず、その代わりに陰謀とか策略とか、そういうもってまわった展開が多いように感じます。コメディーとシリアスの比率がどのくらいがベストなのか、それは一朝一夕で答えの出るような問題ではないのでしょうが、それでも読み切り版の方が連載版より面白いと思っている以上、私としてはコメディー比をもっと増やすべきなんじゃないかなー、と思わざるをえませんでした。

 この本誌掲載順(常時ラス3くらい)でまだまだ切られそうにないというのは、なんか密約でもあるんじゃ? なんて勘ぐってしまいたくなるわけですが、良い方に考えればまだまだ挽回のチャンスはあるということ。ようやくvs風紀委員長戦も終わりましたし、コメディー比率の高い展開にシフトしてくれないかなー、と思っているのですが……。バクマンじゃないけど、売ち切りが決定してからじゃないと、そういうのは難しいのかなー。

|

« アイシールド21 | トップページ | 猫ラーメン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アイシールド21 | トップページ | 猫ラーメン »