« ミステルの住人 | トップページ | グラン・ローヴァ物語 »

2009/10/24

パティシエール!

Img478 野広美由 著。まんがタイムジャンボ及びまんがタイムファミリーにて2005年~08年にかけて連載、単行本全4巻完結。現在は両誌にて続編の「ダブルパティシエール!」を連載中、単行本1巻まで以下続刊。

 四ツ葉製菓専門学校の新入生、森山まさこは、10代ばかりのクラスメイトたちから「ねーさん」と呼び慕われている25歳。大学を経て入学したのでそれは仕方ないのだけれど、お菓子作りに懸ける情熱はもちろん、若い者には負けてはいません。残念ながら知識と技術はまだまだだけど、一人前のパティシエールを目指し、まさこねーさんは今日も年下のクラスメイトたちと一緒に、講義に実習に食べ歩きにと夢に向かって一直線です!

 そんな感じの、製菓学校の生徒を主人公としたお菓子作り4コマ。まさこねーさんが1人だけ年上、というのは作品のアクセントにはなっていますが、基本は真面目なお菓子作りの勉強です。おそらく経験者が読めばあるあるネタが多い作品なんでしょうが、私のような素人が読んでもその雰囲気は十二分に味わえ(た気になれ)る、説明のさじ加減が非常に適切な作品だと思いました。お菓子作りだけにさじ加減は正確に、というわけですね(うまくもなんともない) 私に理解できないネタがほとんど無いということは、経験者が読む分には間違いなく物足りないのでしょうが、掲載誌を考えたらこれで正解なんでしょう。周りは若い子ばっかりだけどがんばる、というまさこねーさんの奮戦がなんとなく微笑ましい、読んでいて楽しくなれる作品でした。

 単行本最終巻ラストでまさこねーさんは学校を卒業するわけですが、その3年後、とあるケーキ屋さんに就職し、まだまだ修行の日々を送っているねーさんの日々を綴った作品が、次作の「ダブルパティシエール!」となります。こちらはダブルの文字が示す通り、主人公がまさこねーさんの他にもう1人増えるわけですが、今度はその子がパティシエールを目指す、という感じですね。無印と比べるとストーリーの比重が多めではありますが、ダブルはダブルで面白いですし、今後とも楽しみに読んでいきたいと思っています。

|

« ミステルの住人 | トップページ | グラン・ローヴァ物語 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ミステルの住人 | トップページ | グラン・ローヴァ物語 »