« エム×ゼロ | トップページ | 電波の城 »

2009/10/03

燃えよペン

Img461 島本和彦 著。シンバット及びYOUNG CLUBにて1990年~91年にかけて連載、単行本全1巻完結。

 現在月刊連載を数本持つ漫画家、炎尾燃は、どこにでもいるごくありふれたスパークするマンガバカ。東京に城(スタジオ)をかまえた彼は、そこでアシスタントたちと共に、昼夜命がけで作品に取り組んでいた……! 例えば、熱い効果線を描くために、実際に自分の大事な物を破壊してその効果線を確認してみるとか! スタローンがモデルのキャラを描くときには、自身がスタローンそっくりになってしまうとか! これ以上のリテイクは彼女と別れることになろうとも、作品の質のためにはリテイクを出してしまうとかである!! すべてのマンガ家がこうだと思ってもらいたい!! 熱血マンガ家炎尾燃の、身体の限界や作品の質、そして〆切との戦いは今日も続く……!

 この物語はフィクションだがフィクションでないところもある! と作中でも語っている、おそらくはマンガ家としての作者の実体験マンガ。商業であれ同人であれマンガというものを描いたことがない私でも(だからこそ?)、ああ、マンガ家ってのは、こんなに熱くて、辛くて、そして心震えるものなんだ……と思わずにはいられない作品です(褒めてます 古い作品で設定にやや現在とはそぐわない部分もありますが、マンガが好きで島本和彦が嫌いじゃなければ、きっと楽しめると作品ではないでしょうか。

 この作品は、その後、炎尾燃がまだプロになる前を描く第2部が始まるんですが、1話限りで雑誌休刊に伴い終了。しかしその魂は、おそらくは現在ゲッサンにて連載中の「アオイホノオ」に受け継がれているのだと思います。そしてそれとは別に、この燃えよペンの続きといえる作品「吼えろペン」が、サンデーGXにて連載、完結済み。吼えペンも面白かったですが、燃えペンに比べるとややストーリー色が強く、なんというか、エンターテインメント作品だなー、という感じなんですよね。けなしてるつもりじゃないんですが、私はこの燃えペンの、まさに熱き情熱をだだ漏れにさせている「無駄な熱さ」が大好きだった、というわけなんでしょう。また10年後や20年後になれば、作者にも新たな自説が生まれていることでしょうし、その時にまた続きが読めれば、と思っています。

|

« エム×ゼロ | トップページ | 電波の城 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« エム×ゼロ | トップページ | 電波の城 »