« 畳の上のミクロ | トップページ | ほほかベーカリー »

2009/10/15

クーデルカ

Img473 岩原裕二 著。月刊エースネクストにて1999年~2000年にかけて連載、単行本全3巻完結。

 西暦1899年のある夜、町はずれの古い礼拝堂に1人で住む少年、ヨシュアが帰宅の途についていると、突然荷馬車の荷台に1人の若い女性が落ちてくる。ヨシュアは気を失っている女性を家まで連れて行きひとまず介抱するが、翌日町では若い女性の殺人犯が病院から逃げ出したという噂が広まっていた。だが捜索隊に警官が含まれていないことや、態度がやけに高圧的だという点から、ヨシュアは逆に捜索隊こそが悪と判断。すぐさま礼拝堂に戻り、目覚めていた女性から事情を聴こうとするが、なんとその女性、クーデルカは、記憶を失ってしまっていた……。

 そんな出だしの、19世紀末のイギリスを舞台としたゴシックホラーアクション。この後追っ手から逃げ出したヨシュアとクーデルカは、ヨシュアの生まれ故郷であるロンドンへ行くが、そこでは妊娠した娼婦が次々に失踪するという事件が起こっていた……という感じで話は進んでいきます。もちろん、クーデルカが病院から逃げ出した件も、妊婦の失踪事件も、さらにはヨシュアが1人で暮らしていたという件もすべてが繋がっており、それらが明らかになっていく中盤から終盤にかけての展開は、なかなか読ませるものでした。作者の最近の作品と比べるとややまとまりはありませんが、その代わりに勢いと熱さはあるという感じで、正直今でも作者の作品の中では一番好きですね。

 欠点というか、唯一残念な点は、この作品が同名のゲームの後日談だということ。それ自体は別にかまわないのですが、おそらくゲームをやってないとわからない人間関係とかが、いくつかあるっぽいんですよね。かといって、今更PSのソフトを買おうという気にもなれないので、PSPアーカイブスとかに追加されたらやろうかなー、と思っています。ちなみに作者はゲームのキャラクターデザインをやってるとのことですが、ゲーム内のキャラはポリゴンらしいので、きっと面影は残っていないことでしょう(涙)

|

« 畳の上のミクロ | トップページ | ほほかベーカリー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 畳の上のミクロ | トップページ | ほほかベーカリー »