« ベツ×バラ | トップページ | 畳の上のミクロ »

2009/10/13

一番湯のカナタ

Img472 椎名高志 著。週刊少年サンデーにて2002年連載、単行本全3巻完結。

 この銭湯は絶対に潰さない……! 子供の頃に固くそう誓った星乃湯の跡取り息子、星野涼。彼が今日も高校をサボって開店前の掃除をしていると、突然湯船に複数の人影が現れ、次の瞬間爆発。それに巻き込まれた涼は致命傷を負ってしまうが、実は湯船に現れたのは、オーバーテクノロジーを持った宇宙人の一行であった。トルマン王家の王子だという少年、カナタとその姉ユウリ、そして2人のお供であるタコのような生き物に助けられた涼だったが、実はカナタとユウリの星は家老のクーデターにより制圧されてしまい、2人は命からがらこの辺境の星へ逃げ出してきたのだという。壊れた銭湯をあっというまに直してしまったり、別の宇宙人も現れたりしたことで、涼も最終的にはカナタたちの話を信じ、父の提言もあって彼らを友だちとして家に住まわせることにする。ところが王家の者であるカナタと友になるということは、カナタの王家と軍事、経済における同盟を締結し、いわば運命共同体になるのだということを、涼は後から知るのであった……。

 そんな出だしのSFコメディー。ストーリーは最終的には母星に帰って家老を倒す、という感じになるのでしょうが、そのためにまずはカナタのガード・ロイヤルという試練を達成する、という感じで推移していきます。達成するためには、地球の平和を守ってポイントを貯めなければならないのですが、この地球の平和を守るの意味が非常に広義であるため、いろんなネタを使えるという、うまい設定だと思いました。ところがそういった広げた設定はほとんど活かすことができないまま、残念ながら打ち切り終了。最終回は最終回という感じの終わり方では全くなく、フツーに次週も載っていそうな感じの終わり方だったのですが、無理にふろしきを畳むつもりなんか無い、という作者のせめてもの抵抗だったのかなー、と思っています。

 サンデー本誌で人気が取れなかった理由ですが、私が考えるに、主人公カナタの性格付けが一番大きかったんじゃないかなー、と思っています。思考も幼く、覇気もあまり無く、他人に頼りがちというカナタの性格は、感情移入する対象としてはあまり好ましくないでしょう。逆に、この物語を実質仕切っている涼の性格付けは、主人公としてまったく問題ないものでした。おそらく作者は、カナタ+涼でダブル主人公という形にしているんでしょうが、それならばもっとはっきりと、涼を主人公にすべきだったんじゃないのかなー。あとはアレですね、カナタが王子じゃなくて可愛い女の子とかだったりしたら、もっと違ったのかも……(だいなし

 と言いつつ、カナタを王女にして一行で一番偉い人にしてしまう、というのはそんなに的を外してないかもですね。涼はナイト的立場に収まれるし、それ以外は特に変える必要も無いし、読者も喜ぶし万々歳な気がします(だまれ

 設定に関してはそのくらいにしてストーリー部分ですが、打ち切られるほどつまらないとは私は思っていませんでした。特に単行本でまとめて読むと、構成がしっかししてるのがよくわかって面白かったです。抜群に面白いわけではないけれど、少しずつ物語が収束地点に向けて積み重なっていくのが読んでいて面白い、そんな感じの作品と言えるでしょう。でも、続いてれば相当面白い作品になったと思うんだけどなー、というのは、やっぱり言っちゃいけないんですかねー。

|

« ベツ×バラ | トップページ | 畳の上のミクロ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ベツ×バラ | トップページ | 畳の上のミクロ »