« ふたつのスピカ | トップページ | みそララ »

2009/10/27

School Rumble

Img481 小林尽 著。週刊少年マガジンにて2002年~08年にかけて連載、単行本全22巻完結。

 この春から高校2年生となる塚本天満の目下の悩みは、片思いしている烏丸大路と同じクラスになれるかということ。1年生のよくできた妹、八雲に付き添ってもらいながらクラス分け表を見にいくと……なんと同じクラス! 近くで男友達と話している烏丸に向かって、「1年間よろしく!」と心の中で言う天満でしたが、なんとその瞬間、烏丸の会話が聞こえてきます。「僕、転校するんだ。明後日」 ……幸福から不幸へ一瞬で突き落とされた天満でしたが、それでもめげずにせめて告白だけでもしようと、徹夜でラブレターをしたためます。ところが首尾よく読んでもらえたというのに、あろうことか記名を忘れてしまうという大失態。私の初恋は終わった……。そう思う天満でしたが、何故か翌日も烏丸は学校にいます。伝え聞くところによると、両親に頼んで転校を1年伸ばしてもらったとのこと。どうして!? と驚く天満でしたが、実はその理由は、天満が出した未記名のラブレターに記された、「行かないでください」の一言がきっかけだったのでした……。

 そんな出だしの、コメディ比率高めのドタバタラブコメ。上記あらすじは第1話のものですが、第2話は今度は天満に片思いしている元ヤンキー、播磨拳児がメインであることからわかるとおり、天満と播磨の二人がメインと言っていい感じです。二人がそれぞれ片思いしている相手に対し、今回はこんなことをしてもっとお近づきになろう、とバカなことを企てては失敗するのが非常に楽しい作品でした。

 ところが、巻が進み登場人物がどんどん増えていくに従って、徐々に徐々に天満の出番は減っていき、播磨を中心に据えたコメディ比率低めのハーレムラブコメっぽくなっていってしまいました。それはそれで面白かった……とは思うんですが、私は初期のドタバタラブコメが本当に好きだったので、どうしても純粋に読むことができなかった、という残念な作品でもありました。単行本を6巻で買うのをやめてしまったのは、秘密にしておいてください。まーでも、ショートラブコメにしては異例と言える長期連載ですし、その方針は正解だったんでしょうけどね。

 作者は現在、月刊ガンガンJOKERにて「夏のあらし!」を連載中。連載がスクランとかぶってる時期もあったわけですが、週刊少年誌で描いてる人が同時期に他出版社で連載を持つ、ってめずらしいですよね? そんなことないのかな? またスクラン初期のようなコメディー比率の多い作品で帰ってきて欲しいですが、でも正直それは難しいのかなー。

|

« ふたつのスピカ | トップページ | みそララ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ふたつのスピカ | トップページ | みそララ »