« みそララ | トップページ | ToHeart »

2009/10/29

テラオ

Img483 近藤るるる 著。ファミ通にて2009年より連載中、単行本1巻まで以下続刊。

 転任先は同じ都内の小学校ですと言われ、それならばと承諾した若手教師、石原駈の転任先は、なんと都内は都内でも小笠原諸島のトーサン島であった。生粋のゲーム好きである石原は、ゲームが発売日に買えなくなると思いつつも、仕方なく25時間かけてトーサン島へと向かうが、なんと彼が担任を任された小笠原小学校の分校には、1人(?)の奇妙な生徒がいた。どうみても外観はロボットだが、仕草や言動は人間という彼の名は、テラオ。どんなハードのソフトでも再生できるスーパーウルトラDXマルチドライブを持つ、某ゲームメーカー製の次世代試作機なのであるという。持ってきたハードを不幸な事故ですべて壊してしまっていた石原は、さっそく某モンスターハントゲームをテラオで再生しようとするが、てっきり目がプロジェクターとかになっているのかと思ったところ、何も変化は無くその日は終わってしまう。ところが翌日石原は、烏骨鶏のボスが逃げ出したという話を耳にする。だがそれは烏骨鶏というには余りに大きく凶暴な、テラオで再生しようとした某モンスターハントゲームに出てくるような怪鳥なのであった……。

 そんな出だしの、ご町内SFコメディー。テラオでゲームを再生すると、それが現実世界にフィードバックされる、という感じの設定です。ありがちなものだとは思いますが、ゲーム雑誌掲載のコメディー作品としては合っていますし、完成度も高いと思います。なによりテラオのメーカーロゴがセガっぽいというお遊びが、私は大笑いしてしまいました。設定や今後の展開等、まだまだ見えてこない部分はたくさんありますが、今後とも楽しみに読み続けたいと思います。

 そして作者の他作同様、この作品も世界観が繋がっており、「たかまれ!タカマル」に出てきた蓮沼さんがこの作品にもメインキャラとして出てきます。SML(雑誌)も出てきますので、となれば当然タカマルたちが現在どうなってるのかもいずれ出てくることでしょう。そのあたりも非常に楽しみですので、ぜひ出してくださいねー。

|

« みそララ | トップページ | ToHeart »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« みそララ | トップページ | ToHeart »