« ちろちゃん | トップページ | 燃えよペン »

2009/10/02

エム×ゼロ

Img460 叶恭弘 著。週刊少年ジャンプにて2006年~08年にかけて連載、単行本全10巻完結。

 もし魔法が使えたとしたら、どんな事をしてみたいですか? と面接で聞かれ、世界征服と答えたがために同席していた女の子に吹き出されてしまい、私立聖凪高校の受験に失敗してしまった男、久澄大賀。その時の女の子の事が忘れられず、聖凪高校までこっそりやってきた彼だったが、敷地外にいたところを授業を抜け出そうとしていると勘違いされ、そこの先生に捕まってしまうのだが、その先生はどうみても空中に浮かんでいた。さらに自分の腕と先生の腕が合体したり、自分の首がネジになって身体から抜けてしまったりと、久澄は信じられない光景を連続で目の当たりにしてしまう。そう、不合格だった彼はもちろん知らないのだったが、この学校は魔力が強力に生まれる魔法特区に存在する、魔法の使い方を覚える学校なのであった。校内を逃げ回り、なんとか面接の時の女の子、柊愛花と再開した久澄だったが、最終的には先生に捕まり、規則ということで学校内での記憶を全て消去されそうになってしまう。学校のことなんてどうでもいい、だけどあの女の子の事だけは忘れるわけにはいかない。そう思った久澄は……。

 そんな出だしの、魔法という非日常をテーマとした学園コメディー。魔法を使うにはプレートが必要で、能力に応じてプレートのレベルも上がっていく。応用は色々効くので、資質や努力ももちろんだけど、ひらめきも重要、という感じです。物語はこの後、久澄は聖凪高校に入学するものの、新規のプレートはいつでも作れるわけではないため、魔法は使えないまま。しかし使えないことがバレると退学になるため、使えるフリをしなければならないのだが、魔法学校だけあって、魔法を使う授業もたくさんあるわけで……という感じで進んでいきます。そして2巻でようやく手にするM0(エムゼロ)プレートは、それ自体は魔力を持たない物の、他人の魔法を消すことができるという見事なまでの主人公系能力。内容的には魔法がある以外はフツーの学園コメディーなわけですが、オリジナル要素である魔法パートが非常に面白い作品であり、作者の都合で終わってしまった(らしい)のが、本当に残念な作品でした。

 作者は前作「プリティフェイス」も、同じような終わり方をしてるんですよね。同じマンガを描き続けるのが苦手(読み切りを描くのが好き)ということらしいですが、これだけ面白い作品を描けるのに、それが苦手っていうのは、作者にとっても読者にとっても不幸な話だよなー、と思ってしまいました。なんて言うんでしょう、正直、途中で終わってしまうのなら、最初から読みたくなかった、みたいな? いずれまた連載をはじめるのでしょうが、どんなきっかけでもいいので、次回こそはきちんと最後まで終わってくれればなー、と思っています。当初から全5巻程度の構想にしておくとかで、なんとかなったりしないのかなー。

|

« ちろちゃん | トップページ | 燃えよペン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ちろちゃん | トップページ | 燃えよペン »