« ToHeart | トップページ | さゆリン »

2009/10/31

惑星のさみだれ

Img485 水上悟志 著。ヤングキングアワーズにて2005年より連載中、単行本7巻まで以下続刊。

 平凡な男子学生の雨宮夕日がある朝目覚めると、布団の上には両手で抱えるくらいの大きさの喋るトカゲがいた。そのトカゲ、ノイ=グレサント卿によれば、この惑星は現在とある魔法使いによって滅ぼされようとしており、それと戦う姫に付き従うトカゲの騎士として、夕日が選ばれたのだという。騎士の証としての指輪と、掌握領域という力を手に入れた夕日だったが、祖父から人と関わるな、と厳しすぎる躾を受けてきたこともあり、彼は騎士としての使命をあっさりと拒否。ところが外出中に魔法使いの放った泥人形に襲われてしまい、死を覚悟した夕日を救ったのは、姫の証である指輪を持つ女子高生、朝日奈みだれであった。後日、宇宙を漂い地球に近づいてきている超巨大な泥人形、ビスケットハンマーを見せられた夕日は、そこでさみだれの恐るべき言葉を聞く。それは、あんなハンマーなんかに地球は壊させない。なぜなら地球を砕くのは、私の拳なのだから、というものであった……。

 そんな出だしの、SFストーリー。ラブコメ要素も有り。さみだれが地球を砕こうとする理由は、私は地球を愛していて自分の物にしたい。そして自分が死ぬときには、愛する地球も連れていく(砕く)、という感じです。まぁ一応、筋は通ってるのかな……。これが表向きの理由であり、真実は別にある、という可能性もありますが、それは今のところはわかりません。ストーリーはこの後、全部で12人いる騎士たちが徐々に揃っていき、魔法使いの泥人形と戦っていく、と言う感じですが、上記さみだれの目的は夕日とあともう一人しか知らないとか、敵である魔法使いと通じている者がいるとか、人間関係はそれなりに複雑です。単行本は7巻までとそれなりの長期連載となっていますが、すでに伏線の回収も始まっており、来るべきラストへ向けて収束中、という段階だと思いますので、今後も期待していきたいと思っています。

 作者の作風についてですが、作者はこういう、設定は世界(宇宙)規模なんだけどやってることはご町内規模、というスタイルが本当に好きというか、やりやすいんでしょうねー。以前読んだ「サイコ・スタッフ」もそうでしたし。別に文句があるわけではなく、面白いのでぜひ今後もこの調子でお願いします、というお話でした。

|

« ToHeart | トップページ | さゆリン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ToHeart | トップページ | さゆリン »