« いきばた主夫ランブル | トップページ | 一番湯のカナタ »

2009/10/12

ベツ×バラ

Img471 曙はる 著。まんがタイムスペシャルにて2008年より連載中、単行本1巻まで以下続刊。

 お菓子のパッケージ会社、アマイ企画に勤務する別所たまきは、甘味が大好きな制作部のエース。やる気もセンスもある彼女ですが、社内の平均年齢が50台で若いのがたまき1人という状況に、高卒入社当初は困惑したりしたものでした。そんな中、営業部の新人として、原田智哉が入社してきます。初めての後輩、と思いきや、原田は大卒なので年上。さらに態度も良くないし言葉遣いもなってないと、扱いづらいことこの上ありません。ところが話していくうちに、たまきは気付きます。原田は口は悪いけど根はいいやつだし、なにより彼も周囲が年上ばかりという状況に、困惑していたのだということを……。

 そんな出だしの、オフィスコメディー4コマ。ポジティブでアクティブでさらにお菓子に関しては底なしという、たまきを見ているだけで楽しい作品です。ネタの基本はたまきと原田のかけあいで、2人が主人公と言ってもいいくらいですが、原田は受け身体質なのでやはりメインはたまきですね。そしてその掛け合いが楽しいため、他のネタにもいい影響を与えている、という好循環になっていると思います。タイトルの由来は、そのまんまの意味と、別所×原田という意味から。ただしたまきと原田の間には今のところは恋愛感情はありません。あと別×原という順番に深い意味は無いと思います(聞いてない

 実は作者は、「らいか・デイズ」等で有名なむんこと、高校時代ずっとクラスまで一緒だったんだそうですね。しかも漫研の部長副部長だったとか。「妹本」というむんことの合同誌は読んでいて、その時は特別印象には残らなかったんですが、この作品は文句なく面白いですし、他作も読んでみようかなー、と思っています。

|

« いきばた主夫ランブル | トップページ | 一番湯のカナタ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« いきばた主夫ランブル | トップページ | 一番湯のカナタ »